トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
42: by しげ on 2012/04/09 at 07:31:26 (コメント編集)

おはようございます。
やっぱりこの地域は、既にドライに出る季節のようですね!
景色が似ているので、多分、お互いに似たような場所を釣っているのでしょうね^^
かなり上まで行っても、山女魚が多くて驚きます。
本当は、岩魚が好きなんですが…^^;

43:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/04/09 at 23:53:55

今回の沢、しげさんは見覚えがあったのかな?自分は初めてだったので
少々釣れなくてもとことんやってみるしかありませんでした。
インファンテ704-6はなかなかいいロッドでした。6本継ぎでこの番手、
レングスは重宝します。
しげさんも5日に行かれたとは、何処ぞですれ違ったかもしれませんね。

吾妻の渓にも春の兆し

2011年 4/5 木曜日

吾妻川水系 O川 H沢

前回の釣行でおおかた残雪の有るとこ、無いとこの把握ができたので今回は無いとこの沢を選択。
ただいずれも水量少なそうで果して釣りが出来るかどうかが問題です。

好天だったこともあり、虫たちが飛び始め水面もだいぶ賑やかになってきました。

P1030349.jpg



O川は数年前初めて見たときその水量の少なさから入渓を見送った沢。それ以来。
今回は雪解けでいくらかの増水の期待もあったけど殆ど変わらず、ギリギリ釣りの出来る水量。
他の予定してるとこへ行ってもそっちも推して知るべし、ならば折角来たのだから取りあえず
頑張ってみましょう。

とにかく奥まで走り、畑の切れた所からの入渓。そこで地元の人と会う。
その人も釣り人らしく、曰く、「釣りかい?ここは放射線の新基準で釣っても食えないよ。
だから今年は放流も無いよ」とのこと。その他いろいろ情報を頂いたので丁寧にお礼を述べて釣り開始。
朝の水温4.5℃。ニンフするほどの水深も無いのでドライフライフィッシング。
土砂の流れ込んだO川、イワナにとって住み心地はよくないはず。
P1030327.jpg


直ぐに同水量の二又。先ず支流へ。水少なく、ポイントを求めて歩く歩く。
たまに小イワナが走るのでそれほど苦痛ではないけど。しばらくしてたどり着いたのがこのポイント。
ここなら絶対釣れるでしょ。
P1030332.jpg


さっきから目にしたのもこんなサイズだから、ここではこんなもんでしょう。
一発で出るかと思ったのに意外に手間取りました。
P1030333.jpg


遡行を続けるも支流を分けて更に水量が落ちジ・エンド。O川本流に戻る。
さっきの人はこっちが本命と言ってたけど。
P1030341.jpg


こっちも釣りより歩いてる時間の方が長いのは同様なんですが、数少ないここぞのポイントでも
何故か魚影無く精神的に参ってしまいギブアップ。
P1030343.jpg



次に向かった川の手前にあるH沢。覗いてみると案外いい流れなので急遽ここに入ることに。
川底の状態もO川よりずっと良い。水温6℃、4番ロッドに持ち替えたけど、小さいながらヤマメが
Dryにビシバシ出ます。最初は朝からこっちにすれば良かったと思ったほど。
P1030351.jpg



でもなかなかフッキングしないんですよね。イワナと違って。
折角掛けても手元でバラす不手際の連発。
それに釣り上るごとにヤマメのサイズがどんどん落ちてくのもこれまたよくあるパターン。
P1030353.jpg



堰堤を越えるとなんとなくイワナ的な渓相に。でも矢のように走るのはメダカ級のヤマメ。
P1030360.jpg



まさか沢を横断する林道があるとは思ってませんでした。
空模様が怪しくなってきましたが、おかげで安心して更に奥まで詰められます。
P1030364.jpg



ここからはイワナでしょと思ったら林道のすぐ上流で釣れたのはヤマメでした。
P1030367.jpg




その後もちびヤマメが走ったりでアレレッと思っていたらやっと出てくれました。
サイズにしてはよく走り4番ロッドを小気味よく曲げてくれました。
P1030376.jpg



とうとう冷たい風が吹き雨が落ちてきました。それと共にアタリがピタリと止まりましたが、
もう少し詰めてみましょう。開けた渓相だし。
P1030377.jpg



どんなに開けた沢でもその奥にはゴルジュがあり、そして滝があるもんです。
今回は時間も時間なのでこの8メートルほどの滝で終了です。
P1030379.jpg

林道を下ってると皮肉なことに天気も回復。
O川は雨後の増水時くらいじゃないとまともに釣りできない沢ですが、
このH沢は再訪の価値がありそうです。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
42: by しげ on 2012/04/09 at 07:31:26 (コメント編集)

おはようございます。
やっぱりこの地域は、既にドライに出る季節のようですね!
景色が似ているので、多分、お互いに似たような場所を釣っているのでしょうね^^
かなり上まで行っても、山女魚が多くて驚きます。
本当は、岩魚が好きなんですが…^^;

43:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/04/09 at 23:53:55

今回の沢、しげさんは見覚えがあったのかな?自分は初めてだったので
少々釣れなくてもとことんやってみるしかありませんでした。
インファンテ704-6はなかなかいいロッドでした。6本継ぎでこの番手、
レングスは重宝します。
しげさんも5日に行かれたとは、何処ぞですれ違ったかもしれませんね。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。