トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

東京で一番高い山   雲取山

2011年 12/23 金曜日

七ツ石山 雲取山     晴れ


実はこの雲取山は11月の初めにノンビリとテント泊山行で予定してたのですが、前夜、
パッキングしたザックの重さにウンザリして急遽取り止めとなった次第。
パッキングの仕方にも問題があったようですが、大きなザックをよいことに
余計なものまで詰め込み過ぎたようです。
その後は年末に向けて仕事の方がかなり忙しくなり、全く時間が取れず最も日の短い冬至の翌日に
日帰り山行となりました。

P1030059.jpg






スタートはチョンボして鴨沢から林道を少し走った小袖乗越の駐車スペースから。
ここは本来駐車場ではなく、もしかするとどこぞの社有地なのかも。
P1030033.jpg


はじめは緩やかなダラダラ登りが続きます。とにかくコース全体の指導票はしっかりしてるので
間違いようがありません。
P1030038.jpg


七ツ石小屋でコーヒーブレイク。富士山はもとより周辺の山々もよく見えます。
P1030040.jpg


小屋から少し登ると石尾根縦走路に乗り、七つ石山に到着。
P1030044.jpg


七ツ石山山頂から見たブナ坂。一旦下ってここを登り返すことになります。
P1030048.jpg


ヘリポートの脇を通り過ぎればかなり年季の入った奥多摩小屋。
P1030051.jpg


防火帯の尾根道から雲取山頂が。もう少しです。
P1030055.jpg


この避難小屋のところに山梨県の山頂標識があるのだからココはもう雲取山頂です。
東京都最高峰といっても一都二県に跨る山ですから。
P1030056.jpg


少し奥に進んだ此方に東京都と埼玉県の山頂標識があります。
山頂から見た白く雪をかぶった南アルプスが印象的でした。
今回は終始晴天、山頂でも風穏やか、天候に恵まれました。
P1030062.jpg


下りは七ツ石山に寄る必要も無く巻道を使いイッキに降りて、
車に着いたのは日没の20分前でした。
P1030066.jpg

中学生まで都民だった自分にとって雲取山は幼い時から富士山の次に馴染み深い山でした。
来年、暖かくなったらもう少し荷物を軽くして三条の湯からテント泊で登ってみたいですね。


コースタイム /

小袖駐車スペース   7:38

登山口         7:43

堂所          9:04

七ツ石小屋      9:52 休憩25分

七ツ石山       10:41 休憩10分

奥多摩小屋      11:25

雲取山          12:21 休憩65分

奥多摩小屋      13:58

堂所          15:23

登山口         16:11

小袖駐車スペース   16:15
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。