トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
28: by しげ on 2011/10/13 at 06:43:56 (コメント編集)

おはようございます。
禁漁になっても、活動的ですね!
南アルプスの写真を見ると、普段は目にする機会のない景色で、とても新鮮です。
登山も、釣りに劣らず魅力がたくさんあるんでしょうね!

29:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2011/10/13 at 19:13:18

しげさん こんばんは

丹沢などの近郊の山を除けば多くの山小屋が11月の第一週で営業を終えます。
それ以降は要するに“冬山”ってことになります。気候は一変し雪も降りだします。
雪山に熟練した登山者ならまだしも、自分のような似非山屋が岩稜帯の稜線を
ルンルン気分で歩けるのも今のうちなのです。
自分にとって真冬になればこの辺りは地獄の一丁目になるのですから。

八ヶ岳再訪

2011年 10/10 月曜日

赤岳 横岳 硫黄岳     晴れ

6月に天候不順でコース変更となってしまった、赤岳~硫黄岳への縦走。
今回は好天に恵まれ無事達成。森林限界を超えた岩稜帯の尾根歩きで
アルペン気分を満喫できました。

夜が明けきる前にヘッドランプの明かりを頼りに南沢コースを進みます。
P1020828.jpg





河原に出て視界が開けると目の前に横岳が。
前回はガスっててなにも見えなかったんです。
P1020830.jpg


行者小屋前のテン場に並ぶカラフルなテント。
P1020834.jpg


文三郎尾根の階段についたマムートのマーク。
どうやらマムートが整備したらしいです。
P1020842.jpg


前回ではまったく望めなかった眺望。阿弥陀岳もバッチリ。
P1020844.jpg


キレット分岐からは鎖場続き。でも思ったより早く赤岳山頂に到着。
さすがに三連休。山頂はツアーらしき団体さんでラッシュ状態。
旅行会社の旗を持ってる人は山岳ガイドの添乗員さんですかね?
その後も学生さんやら別の団体が入れ替わり立ち代り、お決まりの山頂記念撮影が
続きます。
P1020847.jpg



賑やかな赤岳山頂をあとにして、地蔵の頭まで下りてきました。
目の前は横岳。ここからは静かな山歩きが出来そうです。
P1020859.jpg



更に梯子、鎖場が続きますが、時折風は強いものの天気が良いのでまったく危険は感じません。
P1020861.jpg

P1020862.jpg



横岳はノコギリのようなギザギザ山。幾つかの峰をパスし次の硫黄岳が目前に見えてるのに
中々山頂に至らず。通り過ぎちゃったのかと勘違いしたほど。
赤岳とは対照的に静かな山頂だったので、ここで早めの昼食に。
P1020864.jpg


またしばらく鎖場が続いた後、こんどはだだっ広い尾根道に出て、ケルンに導かれて硫黄岳山頂に。
P1020877.jpg


硫黄岳は、夏沢峠、オーレン小屋、赤岳鉱泉と三つのコースがあるので赤岳同様登山者が多い。
ただ山頂はやたら広いのでラッシュにはなりませんが。
ここで今まで歩いてきた道のりを振り返えって見る。
さあ、下山です。
P1020881.jpg



赤岩の頭からは樹林帯に入り、赤岳鉱泉まで下りてきました。
ここで一休みして、北沢沿いを1時間半ほど歩けばゴールです。
P1020887.jpg

前夜出発、中央道談合坂までは予報とはうらはらに雨が降ってました。
仮眠から覚めた小淵沢道の駅でも星見えず。また天気で心配しましたが
そのおかげか朝の冷え込みも弱く、稜線の風以外は温暖な一日でした。


コースタイム /

赤岳山荘P      5:25

北沢・南沢分岐    5:30
 
行者小屋       7:16 休憩10分

文三郎尾根分岐    8:21

キレット分岐     8:30

赤岳          8:49 休憩23分

赤岳展望荘      9:39 休憩5分

地蔵の頭       9:48

横岳          10:44 休憩40分

硫黄岳山荘      11:52 休憩5分

硫黄岳        12:24 休憩10分

赤岩の頭       12:47

赤岳鉱泉       13:43 休憩17分

堰堤広場       14:43

北沢・南沢分岐    15:18

北岳山荘P      15:23
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
28: by しげ on 2011/10/13 at 06:43:56 (コメント編集)

おはようございます。
禁漁になっても、活動的ですね!
南アルプスの写真を見ると、普段は目にする機会のない景色で、とても新鮮です。
登山も、釣りに劣らず魅力がたくさんあるんでしょうね!

29:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2011/10/13 at 19:13:18

しげさん こんばんは

丹沢などの近郊の山を除けば多くの山小屋が11月の第一週で営業を終えます。
それ以降は要するに“冬山”ってことになります。気候は一変し雪も降りだします。
雪山に熟練した登山者ならまだしも、自分のような似非山屋が岩稜帯の稜線を
ルンルン気分で歩けるのも今のうちなのです。
自分にとって真冬になればこの辺りは地獄の一丁目になるのですから。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。