トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
20: by しげ on 2011/09/03 at 09:25:07 (コメント編集)

風鈴さん、おはようございます。
今年の秋は急な雨が多く、ゆっくり釣りもできないですね。
かなりの水量のようですが、どんなコンディションでも釣られますね!
僕は8月後半から釣りは行きそびれていましたが、9月の後半には復帰できそうです。

ヤマビルは、これまで生息域を避けていたので噛まれたことはありませんが、痛くも痒くもないものなんですか?
血が止まらなくなるのは大変ですね!

21:Re: by 風鈴 on 2011/09/03 at 22:31:38

しげさん、 こんばんは

当然のことながら、水況が異なれば沢は全く違う表情を見せてくれるものですね。
次に期待したいところです。

ここと谷川はヤマビルの巣窟ですからね。あと夜後沢なんかも。
出血を見てからヤマビルの存在に気づくこともあります。
気にしだすと釣りの集中力も欠けます。
特にオシッコするときは細心の注意が必要です。
いくら痛くも痒くもなくても大事なところに吸い付かれるのはご免ですから(笑)

ラッシュの前に

2011年 8/26 金曜日

利根川水系 S沢    曇りのち雨のち晴れ


今年の渓流釣りもあっという間にラストスパートに突入ですね。
とにかく9月に入るとどの渓もラッシュ状態になる。
平日でも多くの釣り人が押しかけ、意外な渓まで
先客車で埋まってることが多いもんです。
何事においても日本人はこれで終わり、最後となると、
どっと押しかける習性があるようですね。

そうなる前に昨年最高の釣果のあったS沢を訪れました。
昨年との違いは水量の多さでした。
今回は出だしからイワナの反応多く、期待大だったのですが...

P1020569.jpg





確かに鏡状のポイントを流すと必ずと言っていいほど
イワナのアタックはありますが、食いが浅く中々フッキングに至りません。
最初の一尾を掛けてから1時間半以上ノーキャッチ。
そして大粒の雨が落ちてきたかと思うと土砂降りに。
30分ほどで弱まりましたが、ニゴリが取れるのにさらに30分。
結局1時間以上沢のほとりで待機。
一度林道に上がっても良かったんですが、上がりたくない事情がありまして。
P1020573.jpg


雨の降りだしが凄く急でカッパを羽織る間にも上半身が大分濡れました。
そしてこの日はウェーダーは履かずにズボンで入ったもんでじっとしてると
寒いんです。
まだ小雨でニゴリも残ってますが、寒さに耐えられずキャスト開始。
そしてすぐに釣れたのがコレでした。
P1020577.jpg



多くのポイントで反応があるものの、スレ方がハンパじゃないです。
まるで湯の小屋沢で釣りしてるよう。釣れるサイズは20㎝前後。
P1020579.jpg



去年良かった多くのポイントはこの様な白泡の流れの下に完全に“埋没”してる訳です。
きっと良型はその下で悠々自適にやってるに違いありません。
それならそこへニンフと始めたものの、どうしても魚影が走るのが見えちゃうと
dryで狙いたくなってしまうものです。
やっぱり見えない奴より、見える奴に手が出るFFMの欠点です。
P1020585.jpg



午後にはすっかり天気も回復、少し温かくなってきました。
P1020587.jpg


この日MAXは24cmでした。平日にしてはちょっと寂しい。
P1020589.jpg


結局その後もサイズアップせず。
ココが尺ポイントでしたが不発で終了。
P1020593.jpg



実は釣り開始の朝一、沢に降り石の上に腰掛けタックルの準備をしていると
手袋の上を尺取虫のように歩く奴。このエリア、ヤマビルが多いんです。
去年はもう二週間ほど遅かったためか全くその姿を見ませんでした。
スパッツをめくってみるとズボンの両足共に数匹張り付いてました。
草地を歩くと付くようです。雨で中断してた時、林道に上がらなかったのは
草地の斜面を歩きたくなかったからなんです。
車に帰ってからも調べると足元は勿論、シャツにまで付いてました。
しつこい奴はキライ!!
P1020600.jpg



注意してたのにやられました。別に痛くも痒くも無いんですが
血が固まらなくなる成分を注入されてしまうので、にじむような
出血が止まらないんです。
P1020605.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
20: by しげ on 2011/09/03 at 09:25:07 (コメント編集)

風鈴さん、おはようございます。
今年の秋は急な雨が多く、ゆっくり釣りもできないですね。
かなりの水量のようですが、どんなコンディションでも釣られますね!
僕は8月後半から釣りは行きそびれていましたが、9月の後半には復帰できそうです。

ヤマビルは、これまで生息域を避けていたので噛まれたことはありませんが、痛くも痒くもないものなんですか?
血が止まらなくなるのは大変ですね!

21:Re: by 風鈴 on 2011/09/03 at 22:31:38

しげさん、 こんばんは

当然のことながら、水況が異なれば沢は全く違う表情を見せてくれるものですね。
次に期待したいところです。

ここと谷川はヤマビルの巣窟ですからね。あと夜後沢なんかも。
出血を見てからヤマビルの存在に気づくこともあります。
気にしだすと釣りの集中力も欠けます。
特にオシッコするときは細心の注意が必要です。
いくら痛くも痒くもなくても大事なところに吸い付かれるのはご免ですから(笑)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。