トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
14: by しげ on 2011/08/18 at 22:57:38 (コメント編集)

こんばんは。
その後、体調はいかがですか?
高山病は辛いですよね!
無事に下山できてなによりです。
僕も20年ほど前の富士山頂付近で、頭痛、吐き気が酷く、そのまま山小屋で一睡もできずに下山したことがありました。
3日くらいは頭が割れそうでした^^;

15:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2011/08/19 at 18:35:20

しげさんへ

ご心配ありがとうございます。
温泉に浸かってケロっと治りました(笑)
筋肉痛も思ったほど残らずすっかり元気です。
症状軽かったので登山を続けられました。
最悪のヘリコプターで搬送なんてことにならなくて
よかったです(笑)

今週末は天気が悪そうですね。
どこに釣行しようかと頭を捻ってます。

もしかして高山病? 北岳

2011年 8/14 日曜日
       北岳    晴れ後曇り


前回の八ヶ岳が天気で失敗したので今回は万全の天候を待ち決行。
ただまさかお盆休みにまでずれ込むとは思いませんでしたが
「来ただけ」で終わってはシャレにもなりませんからね。

登山のスタートはこの広河原インフォメーションセンターから。
am6時、日焼け止めをたっぷり塗って意気揚々に出発です。

P1020458.jpg





すぐにこの吊り橋で野呂川を渡ります。
P1020461.jpg


広河原山荘の脇を抜け、御池分岐を水量豊富な大樺沢コースで登ります。
お盆期間ということもあり、アベックや年配の方のグループも多く、
彼らをパスしながら順調に進みます。
P1020467.jpg


天気はサイコー、八本歯のコル、大樺沢の雪渓、北岳バットレス、視界良好。
P1020471.jpg



花には疎いのですがこれだけは知ってます、タカネナデシコ。
P1020474.jpg



これはイワギキョウだとか
P1020475.jpg



ミヤマアキノキリンソウのようですが間違ってるかも。
P1020476.jpg



大樺沢の豊富な水量はこの雪渓に支えられていたのですね。

ここまで順調に登ってきたものの、上部二俣を過ぎたあたりからなんだか
調子がおかしくなってきました。はじめは前夜の睡眠不足かと思いました。
零時少し前に芦安駐車場に着き、4時過ぎまで車で寝たのですが、殆ど熟睡
できずに5時前発の乗合タクシーに。少しでも登山のスタート時間を早めて
余裕をもって歩きたかったからです。
P1020479.jpg



ここから延々と木の梯子が続くのですが、完全に失速しました。
序盤にパスした人達にも次々に抜かれます(笑)って笑ってる場合でなく
八本歯のコル直前で暫く動けなくなりました。
疲労だけでなく、気分が悪く吐き気まで。まさか高山病?

P1020485.jpg


八本歯のコルに10:34。昼までに山頂に立てないようなら撤退も考えなければ。
実は翌日は仕事。最終バス・タクシーが17時なので、6時間で登らなければ下山がキツくなる。
ただ一つ問題も、水。水の補給を山頂から少し下った肩の小屋を予定していたのです。
もし撤退となればその精神的ダメージは大きく、疲労にも拍車がかかるはず。
あの梯子を降りて更に大樺沢の流れまで戻ると思うとそれも辛い。もうひとつは北岳山荘に
寄り道して下山もアリだが、それなら山頂を目指すのとあまり変わらない。
P1020486.jpg



登頂のタイムリミット12時。意を決してガレた斜面を歩き出すも山頂にはガスがかかってきました。
高山病にはとにかく呼吸が大事。それにはまずしっかりと息を吐ききること。そんなことを思い出し
大げさなくらいにハーハー、フーフー言いながら登っていると、すれ違う女性達にはクスクスと
笑われる始末。
P1020487.jpg



トラバース道分岐点を過ぎ、間ノ岳、農鳥岳はガスに隠れて見えません。
P1020491.jpg



最後は両足が攣りそうになりながらも11:50北岳山頂に。
すぐに座り込んだきりに。誰かに話しかける気力もありません。
吐き気も収まらず、胃が食物を受け付けない状態でしたが
無理やりバナナを一本頬張りました。
P1020493.jpg


山頂からの眺望はガスに遮られ見えるのはこの仙丈ケ岳だけ。
富士山はおろか鳳凰山や甲斐駒さえ見えません。
もっとも眺望やライチョウを探すやらの余裕なんぞ全くありませんでしたが。
ただ日差しだけはとても強く、もちろん山頂に日影がある訳なく
じっとしているとじりじりと焼かれる感じでした。

休憩10分の予定が13分に。さあ5時間で広河原に下山しなければ帰れなくなっちゃいます。
しかし無理は禁物。足が攣ってしまったらアウト、はじめはゆっくりと下ります。
P1020494.jpg



両俣分岐点を過ぎすこし下ると待望の肩の小屋が見えた。やったーっ!!水が補給できる!!
P1020497.jpg



道標には広河原まで3時間20分の表示。このとき13:43。ぎりぎりの感じ。
きっと今日帰る人で今、自分より後ろを歩いてる人はいないんじゃないの。
P1020501.jpg



白根御池小屋でサイダー飲んで休んでいたら、だいぶ気分が良くなってきました。
やはりここまで下りてくれば高山病も快方の兆し。
P1020503.jpg



御池小屋からは若干の登り返しがあるものの快調に下り、先行する登山者をパスすることも。
彼等も同時刻のバスと聞き、同志を得て心にゆとりも。
最後はヘロヘロになりながらも野呂川のつり橋に。これを渡ればゴールです。
P1020509.jpg

北岳は富士山に次ぐ国内第二位の高峰、なのに甘く見てました。
やはり山慣れしてる人は一定のペースで淡々と歩いています。
この日、自分がやっと食事できるようになったのは、芦安駐車場に戻り
温泉から上がってからでした。

P1020511.jpg

数年前、圏央道が中央道まで繋がった時には、これで南アルプスの早川水系も
釣行しやすくなるかななどと思いましたが、この方面にはいまだ一度も訪れてません。
今回はシーズン中なので相当数の釣り人もと思いきや、ほとんどその姿を
見かけませんでした。もちろん北沢峠行のバスに乗ればそうでは無かったん
でしょうけど。下山間際、広河原山荘近くで会ったフライマンにすれ違いざまに
「釣れましたか?」と尋ねると
「ええ、3尾」との返事。
ホントかな?
けっこう厳しいんですね。


コースタイム:

広河原       6:01

広河原山荘     6:05

白根御池分岐点   6:26

途中休憩 5分

上部二俣      9:11

途中休憩 ?分

八本歯のコル    10:34

トラバース道分岐点 11:12

北岳山頂      11:50 休憩13分

両俣分岐点     12:35

肩の小屋      12:45 休憩15分

小太郎山分岐    13:29

白根御池小屋    14:35 休憩15分

白根御池分岐点   16:10

広河原       16:35
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
14: by しげ on 2011/08/18 at 22:57:38 (コメント編集)

こんばんは。
その後、体調はいかがですか?
高山病は辛いですよね!
無事に下山できてなによりです。
僕も20年ほど前の富士山頂付近で、頭痛、吐き気が酷く、そのまま山小屋で一睡もできずに下山したことがありました。
3日くらいは頭が割れそうでした^^;

15:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2011/08/19 at 18:35:20

しげさんへ

ご心配ありがとうございます。
温泉に浸かってケロっと治りました(笑)
筋肉痛も思ったほど残らずすっかり元気です。
症状軽かったので登山を続けられました。
最悪のヘリコプターで搬送なんてことにならなくて
よかったです(笑)

今週末は天気が悪そうですね。
どこに釣行しようかと頭を捻ってます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。