トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3: by しげ on 2011/07/06 at 20:07:15 (コメント編集)

風鈴さん、こんばんは^^
あの付近の渓流群は、以前から行ってみたいと思っていました。
でも、渇水が酷いのですか…
上流に、取水でもできたのでしょうか?
夏も涼しげだし、山もしっかりしてそうに感じていたのですが残念です。
でも、Y川の魚はキレイな色合いですね!
それと、相互リンクをお願しても宜しいでしょうか?
ご検討ください^^

4:Re: by 風鈴 on 2011/07/07 at 20:36:36

しげさん、こんばんは  今日は七夕ですね。お返事遅れてすみませんでした。

今年は梅雨入りが早かったぶん明けるのも早いかもしれませんね。
もたもたしているうちに渓流釣りもすでに後半戦に突入しまいました。
それまでの不調続きの反動で此処のところは勝手知ったる渓でお茶を濁してました。


リンクの件、了解です。当方、拙いblogですがよろしくお願いします。

高原畑の沢


2011年 7/2 土曜日

吾妻川支流 Y川 
         K沢 U沢

梅雨の中休みの晴れ間、しばらくご無沙汰だった高原畑の中を流れる沢に行ってみました。
今回はらくちん釣行、舗装道路に沿っていて、車を降りればすぐに釣りができるロケーション。
長時間の歩きやダート走行で車を汚すなんてこともありません。

現地着が少々遅れ、入渓点Y川の橋の袂にはこれみよがしに車が一台。

P1020282.jpg







仕方なく少し下流に歩いて釣り開始。この川の特徴は水量が安定していること。
もちろんこの梅雨時に渇水なんてことはあり得ませんが。そして夏でも水温低く10℃くらい。
さっそくちびっ子ヤマメの熱烈歓迎を受けます。
P1020288.jpg


釣れるイワナはこんなサイズばかり。でもアタリは頻繁でなかなか先に進めません。
P1020289.jpg


しかし木っ端がウザいなと思ってたら、ちゃんとしたヤマメが釣れました。
P1020296.jpg



たいした距離でもないのに2時間半もかかって橋まで戻ってきました。
いったん上がってみるとあの車まだ停まってます。
とりあえず車に戻り昼飯のおにぎりをバックポケットに突っ込み釣り再開。
P1020305.jpg



すぐにイワナ連発。さっきのヤマメと同じくらいのサイズ。一体どういうこと?
P1020307.jpg


その後、ライントラブルで自ら調子を狂わすもイワナの反応は相変わらず。
ミスキャストしてピックアップしても釣れちゃうんですから(笑)
釣れるときはそんなもの。
このポイントでは過去に良型を釣ってるのですが今回はヒットせず。
P1020312.jpg


そのすぐ上流のポイントで出ました。釣れる魚のサイズは20~23㎝くらい。
P1020315.jpg


でも過去に何度も通い、ポイントを形成する石の一つ一つまで自分なりに熟知しているつもりなので、
出るべきところで必ず出てくれるのはなによりうれしいもの。
P1020317.jpg



この沢には沿って遊歩道があります。そのベンチで遅めの昼飯。
本日のタックルはフライウエイトにウェルナーのスリム&フレックス6’6”#3 
バットが細く魚が小さくてもよく曲がるロッドです。
P1020324.jpg


同じようなイワナの画を何枚も載せてもと思いましたが、こいつは唯一ライズしていたので。
P1020328.jpg


堰堤で終了。遊歩道で車に戻ります。
でもこの道、歩いてる人をほとんど見たことないな。
戻ってみるとあの車やっぱりまだ停まってます。どうやら釣り人じゃなかったようですね。
P1020330.jpg




つづいて広域農道でU沢、K沢に移動。まずは支流筋のK沢に。
ここは数年前まではダンプも走る道だったのに完全に下草に埋もれてます。
P1020332.jpg



この高原畑の沢にここのところ足が遠のいてたのはU沢K沢の不調ゆえです。
その不調の最大の原因は渇水でした。平水なら問題なしと思っていたのですが、
流れを目にするとこの時期としては考えられないほどの渇水してます。
釣りになるポイントが少なく橋まででやっと1尾。
P1020335.jpg


U沢も橋から覗いてみると絶望的な水量。白泡がほとんど見えません。
上流で何か異変があったのでしょうか?
P1020337.jpg


少し下流に歩いて流れに下ります。ここはいつもイワナのアタックがあった所ですが、
この水量ではフライの流れが悪いので、フラッタリングさせるとやっとアタリ。
P1020339.jpg


U沢は本流筋になるのにK沢以上に酷かった。ココも必ずと言っていいほど釣れたポイントでしたが、
バラシで諦めがつきました。ずいぶん粘ったつもりでしたがK沢U沢合計3時間やってあの1尾のみ。
両方の水を足してもまだ足りないくらいだから、合流点下流も推して知るべしかな~。
P1020340.jpg

今回の沢は所謂放流河川で生活ごみなども目にする流れです。
でも明暗ハッキリと別れた結果になりました。Y川は数年前の台風でいくらか荒れたものの、
それもすっかり回復して、まるで特別放流でもしてるかのようにいまだパラダイスでした。
対してU沢K沢は上流で何かが起こったのでしょうか?梅雨明けしたら水はどうなってしまうのか?
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3: by しげ on 2011/07/06 at 20:07:15 (コメント編集)

風鈴さん、こんばんは^^
あの付近の渓流群は、以前から行ってみたいと思っていました。
でも、渇水が酷いのですか…
上流に、取水でもできたのでしょうか?
夏も涼しげだし、山もしっかりしてそうに感じていたのですが残念です。
でも、Y川の魚はキレイな色合いですね!
それと、相互リンクをお願しても宜しいでしょうか?
ご検討ください^^

4:Re: by 風鈴 on 2011/07/07 at 20:36:36

しげさん、こんばんは  今日は七夕ですね。お返事遅れてすみませんでした。

今年は梅雨入りが早かったぶん明けるのも早いかもしれませんね。
もたもたしているうちに渓流釣りもすでに後半戦に突入しまいました。
それまでの不調続きの反動で此処のところは勝手知ったる渓でお茶を濁してました。


リンクの件、了解です。当方、拙いblogですがよろしくお願いします。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。