トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

河川敷公園でフライフィッシング


2011年 5/19 木曜日

魚野川 登川

まだまだ雪代盛んな新潟の登川とその本流魚野川。快晴の一日、公園のように整備されたエリアでのんびり過ごしてきました。

P1020132.jpg





登川にて7時釣り開始。平日なので見渡す限り釣り人の姿はありません。対岸への渡渉は難しいので、右岸のみをを釣り上ります。あらゆるポイントを丁寧に探るも2時間近く全く音沙汰なし。水量豊富でポイントも多くすべてを探っていてはなかなか先に進めません。
P1020101.jpg


そこで作戦変更。ここは100m毎に堰堤が続くので、まず土手の上から一区画を見渡し、良いポイントだけを選んでそこだけを釣ることに。良いポイントが無ければその区間はパスになります。
P1020110.jpg


するとすぐに結果が出ました。
P1020102.jpg


この石裏にフライを落とすと
P1020108.jpg


綺麗に出たのは少しサイズアップして25㎝でした。
P1020106.jpg



大石も沢山ありポイントも無数かと思いますが、やはりこの川のように堰堤が続く川は堰堤絡みにしか魚はいないものですね。1kmほど釣り上り、この橋を渡り今度は戻りながら対岸を釣ることに。
P1020120.jpg


この日初めて見た釣り人。東屋でオニギリ食べながら暫し見物。
P1020124.jpg


左岸のほうが流れの緩いポイントも多く釣りやすかったのですが、そのぶん魚もスレいてバラしも多かったです。
P1020128.jpg


このエリアは多くで両岸から石列を組んで流れを中央に絞ってます。最初は治水の関係かと思ってましたが、aokiさんの釣行記を思い出しピンときました。これは海パン族の人たちのためなのでしょう。今でこそこの水量ですが雪代が終わったらこうしないとプールができませんからね。
P1020130.jpg


少し休んでから夕まずめは魚野川へ。早く着いてしまいましたが流れを前にすると、どうしても竿を出してしまいます。
P1020133.jpg

小さなインレットで最初のアタリ。反転した魚体がギラッと光ったのでヤマメかと。同じところでまたヒット。いいサイズだったのにバレちゃいました。2回きたのでイワナだったのかもしれません。
P1020134.jpg

その後幾つかアタリはきましたが結局釣れたのはこの一尾だけ。「雪代イワナ」とはほど遠いサイズでした(笑)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。