トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

足慣らし 平標山・仙ノ倉山

2010年 10/2 土曜日

平標山 仙ノ倉山

R17平標山登山口Pから松手山ルートで平標山に登り、仙ノ倉山を往復して平元新道を平標山の家経由でPへ。しばらく山歩きから遠ざかっていたので再開するにあたって昨年歩いたこのコースで”足慣らし”してきました。

P1010235.jpg

もう花も終わり。下の方にポツポツとだけ。
P1010212.jpg


一時間で鉄塔に到着。
P1010215.jpg


ここから苗場スキー場がよく見えます。
P1010216.jpg


樹林帯を抜け尾根道に出ると風が強まりました。松手山を過ぎると目指す平標山は奥の雲の中。
P1010220.jpg


平標山頂上に到着。去年は酷い強風とガスで半数の人が途中で引き返したほどでした。今回ようやく眺望が叶いました。
P1010223.jpg
 

平標新道方面を望む。池塘が見えます。
P1010224.jpg




休憩後仙ノ倉山へ往復。この稜線が見たかったのです。去年はガスで何も見えませんでしたから。
P1010225.jpg


仙ノ倉山山頂は残念、またもガスに覆われていました。仙ノ倉山は谷川連峰で唯一2000mを超える山です。
P1010230.jpg


ガスの一瞬の切れ間にシャッターを切ります。
P1010231.jpg



復路にて、中央奥は苗場山。前回はこの往復路で全く人と行き交いませんでした。
P1010234.jpg




戻った平標山山頂も風が強く少しだけ休憩して、後は下るだけ。平標山の家が見えてきました。
P1010241.jpg


途中にベンチがあり、風もおさまったので遅めの昼食。
P1010242.jpg



平標山の家に到着。
P1010251.jpg



裏手には赤谷川の支流笹穴沢源流部が見えます。
P1010247.jpg



平標山の家からは樹林帯の中を下ります。
P1010252.jpg


沢沿いの林道に出ます。でもこんな流れを目にすると、ついコースを外れて覗き込むのは自分だけ。チビヤマメが沢山居てライズしてました。
P1010262.jpg


無事駐車場に到着。
P1010264.jpg

さすがに稜線は風が強かったですが、晴天に恵まれた山行でした。


登山口P  7:38 出発

鉄塔     8:38 休7分

松手山   9:15

平標山   10:26 休25分

仙ノ倉山  11:34 休17分

平標山   12:32 休13分

ベンチ    13:02 休40分

平標山の家 13:58 休20分

林道      15:01

河内沢の淵 15:38 休10分

P        16:05 到着
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。