トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

渓流釣りのメッカ

     2010年  9/17 (金)            
             18 (土)

阿賀野川水系   N川
            O沢、T川、O川
このエリアは渓流釣りのメッカとも言われています。前回の釣行ではその片鱗も見えたような気もしたのですが....今回は疑問符が付いてしまいました。

P1010112.jpg


一日目:

初日のN川は終日雨が降ったりやんだりの天気。ゲート前には2台の先着車。一人の方は準備中で餌とルアーの両刀使いとか。何処に入るのかは教えてもらえませんでした。遅れて私も出発。H川出会い下流には二人組の釣り人が。ゲートから一時間強歩きここからスタート。通らずを林道のアップダウンでかわして釣り上ります。
P1010113.jpg

元気よく飛び出したのに残念スレ掛かり。
P1010114.jpg

この大石裏の緩流部にフライを投じると。
P1010119.jpg


今度はきっちりフッキング。出だしは順調だったのですが...
P1010118.jpg


ところがその後の2区間ではアタリさえ無し。前回は1区間で必ず2尾以上釣れていたのに。あまり落差のある渓相ではないので、このように大岩で流れに変化があるほうが魚もついています。
P1010123.jpg


ハンドランディングを試みて良形をバラす不手際もありましたが、久々の一尾。
P1010122.jpg

それからは全てネットでキャッチ。でもサイズが上がりません。
P1010125.jpg

前回撤退ポイント。でもまだお昼前。
P1010127.jpg



今回はこのような大場所ではまったく反応がありません。焦りとイライラが募ります。
P1010131.jpg


午後からは状況は更に悪くて、アタリもめっきり減り、出てもこんな20㎝未満。フラットな瀬と淵の単調な繰り返しが続きます。
P1010130.jpg


我慢できずに林道に上がると下ってくる群馬県ナンバーのミニバイクの釣り人とすれ違いました。この道はバイクも通行禁止なんですけどね。少し進むとN沢の橋に到着。N沢は確認しただけで引き返し。今晩は宿で夕食なのであまり遅くまではできないのです。
P1010134.jpg


帰りがけにいくつかのポイントで竿を出してみましたがバラシのみで終了となってしまいました。
P1010137.jpg


二日目:

朝、やってしまいました。なんと寝坊!!(笑)土曜日で好天ということもあり、すでにT川沿いには多くの車。入渓点近くの駐車スペースにも一台停まってますが、そんなことを気にしていては何処にも入れない状況です。このカゴ渡しで対岸に渡りそのまま山菜採取路を進みO沢に向かいます。
P1010141.jpg


O沢下流部はフラットで穏やかな流れ。
P1010143.jpg


時折反応するのは小さいのばかり。
P1010145.jpg


この通らずの淵でようやくまともなサイズを目にしました。といっても20㎝くらいでウグイのように群れてます。
P1010146.jpg


山菜道で通らずを巻き上流に出ると、またも同じような渓相が続きますが、幾分アタリが増えました。この石裏はイワナのつくポイントです。フライはよく見えませんでしたが、魚がターンするのが見えたのであわせるとフッキング。このような狭いポイントから狙いどうりに魚を引きずり出したときは気分のいいものです。ところが...
P1010150.jpg


なんだコイツ!!さっきの淵で見たのはコイツらだったのか?!
P1010149.jpg


気を取り直してやっと一尾。
P1010151.jpg


すると上流から二人組みの釣り人が、更にしばらくするともう一人が降りてきました。話を聞くと上には他にもまだ釣り人が入ってるとのこと。仕方ないのでこの滝下の淵で引き返しです。
P1010154.jpg


帰り道の途中見つけたキノコ。後で調べてみるとカバイロツルタケといって食べられるそうです。
P1010155.jpg


その後試しにT川本流に入ってみました。沢と違って水量が豊富なので先行者の影響は少ないかなと思ったのですが、結局はウェーディングシューズを洗っただけで終わってしまいました。あわせるとすっ飛んでくるような木っ端ばかり。必然的にオートリリースになってしまいます。場所によっては中ほどにまで立ち込め対岸近くも狙えたのですが、手前の強い流れでナチュラルドリフトが非常に難しいのです。今から考えるとこのような本流はウエットで釣り下ったほうが良かったのかも。しかし大きな川で大きな魚ってあまり見たこと無いな~。
P1010158.jpg


あまり時間は残されてませんでしたがこのエリアにはO川があることを思い出し地図を頼りに林道を進みます。全く下調べしてなかったので川に降りやすい所で車を停めます。
P1010159.jpg


ここでも反応するのはこんなサイズばかりでした。後から分かったことですがこの川は取水されてるので、取水堰上流に入るべきだったようです。
P1010161.jpg


前回と比べ今回は非常に釣りが難しかったです。このエリアは大物が出ることでも有名だし、T川で会う人もよくサクラマスの話をしますが、何度か通えば大物も出るのかな~?
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。