トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

予期せぬ出来事

2010年 9/10 金曜日

利根川水系 S沢

S沢は昨年の禁漁後、未踏域の川をリバーウォッチングした際の幾つかのひとつで、最も期待薄と思っていた沢でした。それであまり訪れる気にもなれず後回しになってきたのですが、せっかくの去年の下見が無駄になってはと思い、今回の釣行となりました。ただ前々日に台風が通過したこともあり、水量のことも含めて実際に釣り可能かとの心配もありましたが、いつもの無計画・ノーテンキ釣行と相成りました。

S沢


現地着がちょうど薄明るくなった頃。本流を覗くとアレッ、水溜り状態。ほとんど水が流れていません。かなりの増水を予想していたのですがそれどころか渇水状態です。すでに先着車3台の内2台が空車、支度をしていると残っていたハイエースの人が出てきて沢割りの話。この人はもうひとつ上流で合う別のS沢に入るとのこと。お先に出発、ゲートから林道を一時間歩きます。30分ほど歩いたところで先ほどのハイエース氏がミニバイクで追い抜いて行きました。
林道


S沢に入る前に先ず本流を取水堰上流から始めることに。ところが忘れ物!!今回は偏光サングラス無しでの釣りとなってしまいました。S沢に通じる橋まで200メートルほど、全くアタリも魚影もありません。
P1010033.jpg


さらに林道を進むとS沢の瀬音が。まだ流れは見えませんが杉の植林帯から降りるとビックリ、赤茶色の川底です。しばらく歩くと流れは回復しましたが、あんな川底でもメダカザイズが時々ピンピンと走ります。
P1010035.jpg


釣り始めて暫くはアタリもなく「やっぱり魚影薄いんじゃないの~」の印象。ちなみにフライはサングラスが無いので視認性重視、前回の釣行時宿で巻いたアレをずっと使っています。
P1010036.jpg



S沢を釣り始めて1時間。そこでフライをE.H.カディスに交換すると本日初のスプラッシュ。それからは魚のスイッチが入ったかのように面白いように釣れ始めました。これは最初の一尾18㎝。
P1010037.jpg


この落ち込み脇、日影の奥のところにフライを沈ませ適当な頃合でピックアップすると。
落ち込み


この沢では大型と思われる25㎝が出ました。自分の場合、こういった釣れ方をする時は数が出ます。
iwana


“快釣モード”に突入した時には釣りが雑にならないように敢えてゆっくり釣るように心がけています。
イワナ


暫くしてイワナの反応がナーバスになり、幾らか手こずるようになりましたがアタリは頻繁です。
ポイント

昼食後のリスタートはこの18㎝君から。頭にまで紋様がクッキリと。
P1010058.jpg


続いての25㎝君はなんだか変。
P1010067.jpg



尻の穴から、これ寄生虫ですか?
寄生虫?


あれは何だったのだろうとぼんやり考えながら釣りしていると小場所でヒット。よく引くな~。ネットでランディングしてフライを外そうと思ったら口がデカい。
尺上


32㎝!!びっくり仰天。
32㎝


リリース。長時間の撮影お疲れ様でした。
リリース

釣れたポイントを真上から。中央この流れ出しの肩でヒットしました。まさかこんなところで出るとは。
ポイント


興奮冷めやらぬまま遡行が続きます。そしてまたも何の変哲も無いポイントで強い引き。これも結構大きいぞ。
P1010094.jpg


またも尺上イワナ。汚れちゃってごめんなさい。元気よく暴れるもので。
P1010089.jpg


またもこんな小場所で。アンビリーバボー!!
P1010097.jpg


すぐ上流でこれまた強烈な引き。その瞬間「すわっ、尺上の三連発か!!」と思われましたがこれはバレました。でも釣れなくてよかったとも思いました。もしこんな小さな沢で尺上の三連発などということが起こったら、この先自分は何を信じていいのか分からなくなってしまいます(笑)
そしてこの日は15時で終了する予定でしたがこのポイントで14時半。十分イイ釣りができたのでここを最後とします。
最終ポイント


そしてヒット。それまでの手ごたえから尺はないなと思ってましたが28~9㎝。これだってフィナーレを飾るにふさわしい一尾です。
泣き尺


はじめは20㎝前後のイワナが5尾も釣れれば上出来と思っていたのに、結果は今シーズン最高の釣り。ここのところの不調を吹き飛ばす予期せぬ一日でした。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。