トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

増水の魚野川源流部

2010年  8/26 木曜日

魚野川水系 K沢 S谷



0時半出発、行き先は昨シーズン最後の最後にaokiさんと訪れたK沢。ここは平日でも先行者ナシで入るのが難しい沢です。渋川を過ぎるとずっと路面が濡れてます。こっちは降ったのね。
P1000919.jpg



午前3時前、闇夜の中をとにかく車止めのゲートを目指して林道を走ります。ところがその手前、大規模堰堤工事をしている所の沢が小規模な土石流で道がふさがれています。いつもは道の上をチョロチョロ流れているような沢なのですが。手でこれらを取り除くのは不可能なので少し下流の戻り、空地に車を停めて仮眠、明るくなるのを待ちます。
P1000907.jpg



完全に明るくなる5時を待って身支度を整え出発。工事の人が来て重機を使えばこんな石ころ簡単に片付くでしょう。
P1000910.jpg


12,3分歩いてゲートに到着。らしき車ナシ。でもやっぱり水量は多いです。この日の予報は朝は曇り、昼は晴れて夕方雨。
P1000912.jpg


更に20分ほどでK沢に。迷いましたがダメならS谷に戻ればってことで。6時釣り開始。水温16℃。とりあえず流れの緩いポイントではイワナのチェイスはあります。
P1000915.jpg


釣り始めて1時間、やっと釣れました。
P1000917.jpg


しかしこの水量ですから中々厳しくアタリも遠のきました。8時20分K沢を断念します。
P1000920.jpg



水量多くともS谷は川幅広くK沢よりは楽です。またT沢を分ければ水量も落ち、より釣り易いはずでした。ところがここのイワナ、やはり今まで多くの釣針を掻い潜ってきた生き残りなだけあって相当手強いです。1尾ハンドランディング時に指先をかすめてバレたのが唯一のヒットという有り様でした。そしてさあこれからと思っていた14時少し前、雷とともに天気が急変の様相を呈してきたので引き返しです。登山道に戻った頃から大雨となりました。
P1000921.jpg


雨は一時間ほどで小降りとなりましたが、ぬかるんだ登山道で足を捻り痛めてしまったため、その後下流で少々竿を出しただけで釣りは終了となりました。あの石ころは綺麗に片付けられていました。工事の人の話ではやはり昨夜相当降ったようです。2時間で70mmと言ってましたから。K沢もS谷も去年はいい釣りができたのですが、今回はタイミングが悪かったのか残念な結果となりました。
P1000925.jpg

ここのところボウズとか、1尾2尾とかの釣果ばかりですが、逆にこれで開き直れました。もう釣れる釣れないの心配が無用になりましたので(笑)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。