トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

黄色い川

2010 6/27 日曜日

魚野川支流 K沢 A沢



今回は終日雨が予想されましたが日曜日なのでかえってそれも好都合かなと前向きに解釈して出発。K沢入渓点の橋に着いたときには雨も上がり幸先の良いスタートだったのですが。


P1000745.jpg




最初のポイントですぐに23cmのイワナが出ました。いきなり好釣を予感しましたが、中々後が続きません。登山道が右岸に沿ってあるので結構魚はスレてます。イワナの定番ポイントでは殆んどアタリ無く、ヤマメのように流れの筋をしっかりナチュラルドリフトさせないと出ません。
P1000747.jpg


僅かに進み砂防堰堤のところでなんと薄日が。この日は一日暗い雨が予想されたのでイブニング用の黄色いレンズの偏光グラスを着けたので眩しくてたまりません(笑)。
P1000748.jpg


その後天気は目まぐるしく変わり今度はカッパのフードをバチバチ叩くほどの雨が。悪戦苦闘しながら小さなイワナを数尾追加したところで雨は上がったのですが濁りが入ってしまいました。一時間も待てば取れそうな濁りでしたが支流のA沢も気になっていたので移動です。A沢は土砂の流れ込んだ真っ黄色な沢です。どちらかといえばこちらのほうが濁りは強そうと思っていたのですが、時間の経過か水は澄んでました。
P1000749.jpg


平っ川なのに水温は10℃と低いです。水温と気温の差で水面上は靄っています。真っ黄色な流れですが以外にも魚はそれなりに居ます。が、K沢に輪をかけてスレッからしでした。アプローチで逃げられる、リーダーの着水で逃げられる、イワナ主体ですが時折ギラッと光る魚体も見えたのでヤマメ混生のようです。バラシやすっぽ抜けも多くこんなイワナを釣るのに相当の時間を費やしました。
P1000753.jpg
 

林道も終わりに近づくエリアになってようやくイワナらしい出方で釣れました。
P1000755.jpg


この滝のところで林道は終わり。右岸に杣道は続いているようです。
P1000756.jpg


背丈ほどの藪に埋もれかけた杣道は流れと高低差があり、この先にあると思われる支流伝いでなければ降りにくい雰囲気です。この沢の上流域は険谷として知られています。降り口を探して覗いているとなんと残雪が見えちゃいました。どうりで低水温な訳です。
P1000757.jpg


それでA沢には別れを告げ、またK沢に戻り先ほどの続きからです。去年の秋、登山のついでに下見したエリアなんですがその時とは違いさすがにシーズン中のイワナは鋭い反応です。やっとかけたもののカメラを用意している最中にナチュラルリリースとなってしまいました(涙)。
P1000759.jpg


スレッからしイワナに翻弄された一日でした。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。