トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

雪の山歩き 笠取山

2/7 日曜日 2010
   笠取山  

週はじめに平野部でも雪がかなり降ったので、こりゃ週末は近郊でも雪の山歩きができると大喜び。行き先は自分のような雪山未経験者でもなんとかなりそうな奥多摩の笠取山に決定。しかもここには多摩川源流の水干があります。多摩川の最初の一滴を見ることもできるのです。
P1000319.jpg






作場平の登山口から登りはヤブ沢峠経由で笠取小屋へ。天気も良く風も穏やか、トレースもしっかりついていて思ったより早いペース。
P1000323.jpg


ところが小屋を過ぎて稜線にでると状況が一変、強い風と突然トレースが消え深い雪に変わったのです。そしてこの時自分が先頭を歩いていることに初めて気がついたのです。駐車場には先着車2台。一組すれ違い、一組追い抜いたのだから当然なんですけど。昨日以前のトレースが無いのは想定外でしたが原因は強風による地吹雪で消されてしまっていたのです。稜線の雪質はサラサラ。それが地吹雪となって顔にも当たるのですから結構痛いです。小高い丘を登るとそこは「小さな分水嶺」で多摩川、荒川、富士川の分水嶺になっているようです。ここから笠取山山頂がはっきり見えました。山頂に続く斜面はまるでスキー場のゲレンデのようでそこにはトレースもはっきり見えます。カンジキの類は持ってないけどつぼ足で行けるところまでは行ってみようと。稜線に出てからは小さなアップダウンがありますが、その鞍部は吹き溜まりとなっていて雪が深いです。突き刺さった足を引き抜き、前に振り出し突き刺す、これの交互の繰り返しです。とにかく天気は快晴なのであの“ゲレンデ”の麓にまで辿り着ければと、アリ地獄のような吹き溜りを幾つか突破して行ったのです。
P1000327.jpg

“ゲレンデ”の登りは順調でした。ちょうど風裏になっていて途中からは風も弱まり取り敢えず山頂に到着。正確にはすぐ東隣にある峰が頂きなのですが、そこに通じる痩せ尾根が雪庇になっていて渡るのは危険と判断しました。
P1000329.jpg


次に水干を目指しましたがこれがよく分からないのです。雪は深く道標どおりに進んでも本当にその道の上を歩いているかさえも定かでないし、深追いして迷った場合、自分の付けたトレースを辿って戻ることも難しいのです。なんてたって自分ひとりが付けたトレースなど地吹雪の2,3発で綺麗に掻き消されてしまうのですから。それに苦労して辿り着いても水干は雪で埋没しているかもと思うとすっかりその気も失せ、下って山小屋のベンチで昼食にしようとなりました。途中、10人ほどの団体さんとすれ違いましたが、この人達の後を歩けばどんなに楽だったか。

P1000335.jpg

下山はコースを変えて「ミズナラ林の急坂」を下りましたがそれほど急坂でもなく、また雪がクッション代わりになって膝への負担も少なくノンストップで作場平に到着です。風も下に降りるほど弱まり駐車場は全くの無風でポカポカ陽気、もしやもう少しゆっくり行動すれば山の風も治まっていたのかとも思いましたが、単独山行は早出早着が大原則、何のトラブルも無く下山できたこと感謝して帰途につきました。しかし雪の山歩きは面白い。病みつきになりそーです。
P1000339.jpg


              70分         25分          65分
所要時間  作場平  →   ヤブ沢峠  →   笠取小屋  →   笠取山山頂 


             35分         40分           20分
    笠取山山頂  →   笠取小屋  →   一休坂分岐  →  作場平  
                 (昼食60分)






スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。