トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

魚野川水系探索第三弾

2010 5/30 日曜日

魚野川水系 N沢 A沢 T沢 M川


三回目の新潟の渓は日曜日。適度な水量の沢を探してアチコチ覗いてはみたものの、何処も先客アリで思ったところに中々は入れませんでした。N沢も仕方なく下流の護岸エリアに入ったのですがアタリ少なく早々に退散です。

P1000608.jpg



次のA沢も二又までやってまったく反応なし。最も誤算だったのは道路の通行止めでS川のダム湖上流の沢へ行けなかったことです。今回はそのエリアを中心にと考えていたものですから、すっかり予定が狂ってしまいました。
P1000609.jpg


思案の果てに地図を開くとM川の支流T沢にマーキングがしてあります。なぜマーキングしたのか自分でも覚えがないのですが、とにかくそこへ行くしかないようです。T沢は道路に沿った小沢でした。
P1000616.jpg


最初からポツポツとアタリはあるのですが..... 5,6尾バラした後、やっと釣れた最初の1尾がこのイワナ。もう時間は16時近いです。
P1000612.jpg


コイツが釣れた後はアタリが止まったので下流の堰堤下に移動。
P1000615.jpg


お前はバレてもいい!!
P1000619.jpg


M川沿いを走っているとこんな場所がありました。少々水深は浅いですがイブニングをやるにはもってこいです。ライズは始まりませんでしたが、18時半まで待ってキャスト開始。忘れかけていたダブルホールの練習を兼ねて遠くを狙っているとずっと手前で単発のライズ。
P1000622.jpg


ライズの主はコレでした。19時までやって結局コレだけでした(笑)。
P1000620.jpg


不味い。往復430kmも走ったのにこの薄い釣果では不味いのです。自分は釣りに効率を求めているわけでは無いのですが、前回も今回も費用対効果を考えると非常に不味いのです。今回の唯一の収穫は各支流を巡りその大まかなイメージを掴めたことぐらいです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。