トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
175: by しげ on 2015/05/12 at 06:37:09 (コメント編集)

おはようございます。
こうして小さな沢にも岩魚たちが生息しているのを見ると嬉しくなりますね^^
僕も来月からは、少し新規開拓してみるつもりです。

176:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2015/05/12 at 20:14:31

しげさん、こんばんは

最初の沢は地形図に水線が載ってないのですが、その谷の大きさから
もっと大きな沢だろうと思い込んでました。
でもやっぱり最低1時間くらいは歩くような沢でないとなかなか
良い釣りは出来ませんね。

沢探し

2015年 5/6 水曜日

利根漁協管内

S沢 M沢

GW最終日、川沿いにはぽつぽつと車が止まってるけど、
この時期は山菜採りの人も結構入っている。
それに釣りと両方やる人も多いから車を見ただけでは
どっちなのか判別も難しい。

さて今回のS沢、本流の対岸に合う沢なので、少し下流に下って遡行したのに
合流点と思しきところを通過しても結局見つけること出来ず、おかしいな~と
思っていたら小さな沢が流れ込んでいた。流れの幅は50cmくらい。
本流はまったくダメだったんで自然と足はそっちの細流へ。
地図には載ってないけどこんな細流には不釣合いな作業道まで沿ってる。
流れを覗きながら歩きはじめると下ってくる山菜採りのグループと出くわした。
困ったな、また変わり者と思われるのもイヤだったので
「いや~、こんな小さな沢じゃダメだから引き返そうと思ってたんですよ」と言うと
「そんなことはない。オレたちも山菜採りながら見てきたけどここにはイワナがいるぞ。
せっかく来たんだからやっていきなよ」

P5060045.jpg
 




彼らの話は半信半疑だったけど別れてすぐのポイントで本当にイワナが釣れた。
尾びれの上部が欠けてるから秋に産卵したメスのようです。
P5060046.jpg


ポイントは広いところでも幅1.5mくらい。
ふつうこんな沢なら水面にフライさえ落とせれば、釣れちゃうんですがなかなか
シビアでした。さっきの人たちが沢を覗いていた影響もあったのかもしれません。
その後も結構真面目にやったけどチビしか出なかったのと、道が消えたこと、
それにお昼になったしこれ以上はキリがないので撤収となりました。
P5060052.jpg



次のM沢は林道に沿った流れなので見落としようがない。
朝一で入った人がいてももう上がってるはず。
初めてなので適当に車を走らせて沢を渡る橋からの入渓。
P5060056.jpg


P5060055.jpg

朝一で入ったわけじゃないんではっきりとはわからないけど、アタリがピタリと
なくなる区間もある。
P5060057.jpg

この沢も各所で伐採が行われていた。新しい道路でも造るのだろうか。
P5060060.jpg

そして二股に至る。右股の方が大きな石があり、落差もあるのでそっちへ。
P5060063.jpg


しかし出たのはこんなもん。
登りきって落差がなくなると幾分伏流するのか水が少なくなる。
廃林道を使って左俣に戻るもこちらも水量落ちて、もう細流は飽きたので
これにて終了。
P5060065.jpg

どうにも釣果が上がらないので疲労感だけが残る。
今回、幸いだったのは帰りの高速で殆んど渋滞がなかったことくらい。

ところで帰宅してからよくよくGPSのログを調べると実はあの50cmの細流が
目的のS沢でした(笑)

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
175: by しげ on 2015/05/12 at 06:37:09 (コメント編集)

おはようございます。
こうして小さな沢にも岩魚たちが生息しているのを見ると嬉しくなりますね^^
僕も来月からは、少し新規開拓してみるつもりです。

176:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2015/05/12 at 20:14:31

しげさん、こんばんは

最初の沢は地形図に水線が載ってないのですが、その谷の大きさから
もっと大きな沢だろうと思い込んでました。
でもやっぱり最低1時間くらいは歩くような沢でないとなかなか
良い釣りは出来ませんね。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。