トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

常念岳

2013年10月14日 月曜日

常念岳



今回は北アルプスの玄関口に位置する常念岳。
これ以上望みようのない天候にも恵まれ最高の山行でしたが...

PA140045.jpg


一ノ沢、確かに流れを見ると覗きたくなるけど、
登山道を外れてあっちこっちキョロキョロはいい歩き方ではない。
淡々と一定のペースで歩くのが最も疲労が少ない。
PA140025.jpg



見上げる常念岳は雲ひとつない快晴。
PA140029.jpg



胸突八丁からは急登になるけど常念乗越での絶景でその苦労が報われる。
目の前には槍穂など名だたる北アルプスの山々が展開しますから。

ここまでのコースタイムは予定通り。とにかく天気はサイコーだし、
常念岳山頂への往復、標高差400mもお昼には戻ってこれそうなので
ザックを置いて空荷で登ることに。
PA140034.jpg



見上げるとピークに人の姿がない。ハハーン、どうやらあれはニセピーク。
山頂はその先に違いない。
ところがこの登りの途中から調子がおかしくなってきた。吐き気がする。
なんだか2年前の北岳と同じだ。あの時もそうだったけど今回も天候が
穏やかだったのでなんとか登頂はできた。
しかし周りの人は皆最高の眺望を楽しんでるのにぶっ倒れてたのは自分だけ。
PA140043.jpg



とにかくうち揃った皆様のご紹介をと。
左から西穂・奥穂・涸沢・北穂。
PA140052.jpg



これは紹介無用かと
PA140047.jpg



黒部川源流の山々。水晶岳、ワリモ岳、鷲羽岳は左半分欠けました。
少し霞んだ遠景を撮るには、モニターよりファインダーで見るカメラの方が
いいみたい。
PA140048.jpg



さすがに大天井岳は目の前なんでフレームを外しません。
PA140049.jpg



常念乗越に降りても何も食べる気もなれずコーラだけ飲んで下山。
しかし不安定な足取りながらこのコースはしっかり整備されてるので
おかげさまで無事に下山できました。
PA140056.jpg

今回は軽い高山病。原因は睡眠不足だと思う。
実は自分は車中泊が苦手。リクライニング座席では十分に眠れない。
この日もなかなか寝付けず睡眠時間は2時間ほど。
それもほとんど熟睡はできなかった。
だから最初から体力消耗には注意していたのだけど。
これからは高い山の場合、夜討ち朝駆け的行動は無理のよう。
一日山行でも前泊を考えないと。   



コースタイム /

駐車場      5:52

一の沢登山口   6:11

山の神      6:32

大滝       7:13

烏帽子沢     7:34

笠原沢      8:00

胸突八丁     8:31 休憩10分

常念乗越     9:43 休憩20分

常念岳      11:15 休憩15分

常念乗越     12:16 休憩30分

胸突八丁     13:42

一の沢登山口   15:41

駐車場      15:59
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。