トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

至仏山

2013年10月4日 金曜日 

至仏山


開設以来利用する機会のなかった関越道、坂戸西スマートインターチェンジ。
鶴ヶ島インターより少々時間はかかるけど、僅かに料金節約になる上に通り道に
24時間営業のスーパーがあって、こちらもコンビニより財布にやさしいので助かります。

しかしスマートインターチェンジは簡素なものです。
PA040186.jpg



ガスに包まれた鳩待峠。
時折霧雨交じり。モチの上がり難い状況だけどとにかくスタート。
山の鼻で雨の具合によっては尾瀬ヶ原周回ハイキングに変更すればいい。
PA040191.jpg


鳩待峠は分水嶺。この川上川は日本海にそそぐ阿賀野川の源流部。
ただ尾瀬は木道から外れることはご法度なので橋以外では流れをまじかに覗くことが出来ない。
PA040196.jpg


戸倉駐車場では、乗り合いタクシーのアタマ数合わせで急かされて朝飯が食えませんでした。
山の鼻の無料休憩所で24時間スーパーのサンドイッチをと思ってたらこんな天気なんで満席だ。
ビジターセンターは飲食禁止だし困ったな~。
しかしそこは“観光地”と称される尾瀬。山の中のしかも平日の朝っぱらでも食堂が営業してる。
PA040202.jpg


暖かい蕎麦をいただいて外に出ると日が差していた。
でも完全に回復するにしてもまだ時間はかかるはず。
至仏山登山だけなら慌てる必要はないし、それでまずは草紅葉の研究見本園を一周してから
山頂をめざしましょう。
PA040206.jpg

PA040207.jpg


高度を稼ぐと紅葉が始まっていた。
しかしこの濡れた蛇紋岩はほんとうによく滑る。
出発が若干遅かったこともあり平日とはいえ渋滞に引っ掛かる。
PA040221.jpg



至仏山はその名前とこの墓石みたいな山頂標識から山岳信仰を連想させる山だけど
実際にはそれとは全く無縁だとか。
残念ながら山頂は真っ白でまったく眺望なし。楢俣川の方の谷からガスが昇ってくる。
しばらく待ったものの後から登って来る登山者も多く山頂も混んできた。
PA040224.jpg


錦秋をまといはじめた尾瀬。
PA040240.jpg

PA040242.jpg


小至仏山あたりからガスが切れはじめ時折尾瀬ヶ原が見えることも。
そしてやっと燧ヶ岳が顔を見せてくれました。
当初、もう少し天気が良ければ大清水から燧を目指そうと思っていたんですが、
最近あまり山歩きしてないから。
PA040247.jpg

鳩待峠に降りそこで目にしたのは多くの観光バス。
やっぱり尾瀬の人気はすごい。

今回は久々に山森の空気が吸えて良しとしましょう。



コースタイム /


鳩待峠     6:33

山の鼻     7:23 休憩22分

至仏山     10:21 休憩38分

小至仏山    11:37 休憩13分

鳩待峠     13:28

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。