トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ランディングネットは乾いたまま...

2010 4/18 日曜日 釜無川水系 S川 本支流


久しぶりの山梨での釣り。去年の山登りの際に通った道沿いの渓流です。ダム上流部のH川は、惚れぼれする渓相なんですが如何せん綺麗な舗装道路が高低差も無くピタリと沿い、オマケにどうぞと言わんばかりに駐車スペースまであちこちにあるのですから、むずかしい川だということははじめから覚悟の上ではありました。

前日までの真冬に逆戻りした寒さも緩み風も穏やかな春らしい一日でした。ただ上流部は前日に降った雪がけっこう残っていて日陰では季節が一ヶ月くらい戻ったような雰囲気ではありました。初めての川だったので状況を掴むため先ずぐるりと一巡りしたためH川に入ったのは10時近くでした。予想していたほど釣り人の車は多くなくこれならなんとかなるのではという甘い気持ちにもなりかけましたが、まったく魚影も見れず、アタリも無し。少し粘ってはみたものの山岳渓流の様相で流れの穏やかな部分も少なく、雪解けの幾分かの増水と低水温では厳しかったのでしょう。時期的にもう少し遅いほうが良かったのかもしれません。
今日の本命はダム下流で合うK川と考えていました。急いで移動したためH川の写真を撮ることさえ忘れてしまいました。K川は畑の途切れるあたりからはじめましたが、山の斜面を含めてこの周囲には雪はまったくありません。

P1000472.jpg



メイフライも結構飛んでいて一投目からアタリがあり、魚種は不明でしたが次の瀬でフライを流すと横っ飛びでアタックしてきたのでアマゴと判明したした。

P1000470.jpg


小さなアマゴが早々にヒットしましたが、その後も釣れるのはカウントできないようなサイズのアマゴばかり。その内まともなのが釣れるだろうと思っていたところ、見上げるような大堰堤に突き当たってしまいました。

P1000474.jpg


だいぶ上流になってしまいますがこのK川に合う林道があったのでそちらに行ってみました。人家を過ぎるとガタガタ道で車の腹は擦るし、邪魔な倒木は降りてどかしたりして進みました。ところがもう少しで川という所で冬季通行止めのゲートです。意外にもこのゲートから上は綺麗なアスファルト舗装でした。ここから徒歩でしばらく行くと確かに瀬音は聞こえるのですが谷深くまた針葉樹林で流れを窺うことはできませんでした。

P1000475.jpg


後はイブニングに賭けるしかありません。目星をつけておいたS川上流部の集落内の流れです。写真では明るく写っていますが6時を過ぎていて、実際にはもっと薄暗かったです。

P1000480.jpg


イワナも混じると聞いていたのですがここでも結局釣れたのはこんな小さなアマゴばかりでした。

P1000478.jpg


今シーズンはスタートが遅れたこともありますが、まだ一度もランディングネットを濡らしていません。ネットが必要になる魚が釣りたいものです。













スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。