トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
120: by しげ on 2013/05/12 at 00:07:36 (コメント編集)

こんばんは。

「渓流釣りとは、謎解きの面白さ・・・」全く同感です!
日々、地形図とにらめっこしたり、釣りとは関係のないサイトまで徘徊して可能性を探り、地元のオジサンたちの話に耳を傾けてます^^;
そうして立てた予測を元に、自分の足で現地に行って釣れた一匹は、何事にも代えがたい感動がありますよね!^^

僕は40歳を過ぎてからこの釣りに出会いましたが、もっと早く出会いたかったと思うこの頃です。

121:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/05/12 at 20:32:30

しげさん こんばんは

たった今、釣りから帰ってきました。
前日の雨でいくらか増水していいコンディションかと思ったら、
こっちはお湿り程度だったようです。

今回は青臭い主張みたいなものを書いてみました。
自分は筆が遅くてこんな文章書くのに10日以上も
かかるんですよ。

渓流フライフィッシングの愉しみ

例えば海釣りだと一人だけの力では何もできないでしょう。
なにより釣果情報が命だし、船釣りなら船宿を頼らなければならない。
でもその代りに船頭という有能なガイドが付いて、おいしい魚を
それなりに釣らせてもらえる。家族からも喜ばれ一石二鳥でしょう。

RIMG1809.jpg


一方、渓流釣りは自ら計画を立て自力で釣り場に到達し自ら考えて結果を出す、
全てが主体的な釣りです。
渓流はキャパが小さく魚も決してたくさんいるわけじゃない。
局面ごとに魚と一対一で相対するから、魚との距離が近い釣りだと思う。
この距離とは物理的なことだけではなく、魚の存在を身近に感じるということ。
この釣り自体が魚との対話になる。声に出さずとも心の中ではいつもそうしています。

RIMG1804.jpg


インターネットが完全に普及して様々な情報収集発信が瞬時に可能な
環境になりました。
とはいえ釣り人のサイトはオープンなわけないし、肝心な部分にはボカシが入ってるような
ものだから(アダルトビデオか?)具体的なものはほとんど見つかるわけもない。
なので別ジャンルのサイトも含めて探すことになる。
例えばフィールドが類似する沢屋さん。アプローチや渓相を知るには十分信頼がおける。
しかし彼らは滝やスラブが連続するようなダイナミックな遡行を好むから、そういった所は
命と引き換えの覚悟がいる(笑)自分が入れるとしてもせいぜい2級グレードの沢まででしょう。
その他ではハイカーや林道ツーリング、或いは滝マニア、ダムマニアなどのサイトも見逃せない。
これらはもちろん渓流魚への直接の言及は無いけど、断片的な情報の中にヒントは見つかるし、
それにサイト自体もこだわりが感じられて非常に面白いものがある。

RIMG1816.jpg


大物を狙うとか楽しく釣っておいしく食べるなど、渓流釣りの愉しみは人それぞれでしょう。
だけど自分は大物はとんと無縁だし、渓流魚を食べるわけでもない。
自分にとって渓流釣りの最大の魅力は謎解きの面白さにある。
自分は何年もやっていながら魚を釣るための5W1Hを未だに分かっていない。
だから成果を得たときはその謎を解いたような気分になれる。
そこに自分だけが知る世界を見つけたような気になれる。
それは冒険に似て、見たことのないものを見てみたいという探究心が
自分を突き動かしているのだと思う。

しかし渓流釣り、特にフライフィッシングは効果や効率がいい釣りではないようです。
なのでこの釣りをあまり人に勧めようとは思わないけど、
自分はこの釣りにめぐり会えて良かったと思っています。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
120: by しげ on 2013/05/12 at 00:07:36 (コメント編集)

こんばんは。

「渓流釣りとは、謎解きの面白さ・・・」全く同感です!
日々、地形図とにらめっこしたり、釣りとは関係のないサイトまで徘徊して可能性を探り、地元のオジサンたちの話に耳を傾けてます^^;
そうして立てた予測を元に、自分の足で現地に行って釣れた一匹は、何事にも代えがたい感動がありますよね!^^

僕は40歳を過ぎてからこの釣りに出会いましたが、もっと早く出会いたかったと思うこの頃です。

121:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/05/12 at 20:32:30

しげさん こんばんは

たった今、釣りから帰ってきました。
前日の雨でいくらか増水していいコンディションかと思ったら、
こっちはお湿り程度だったようです。

今回は青臭い主張みたいなものを書いてみました。
自分は筆が遅くてこんな文章書くのに10日以上も
かかるんですよ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。