トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
103: by しげ on 2013/04/16 at 07:53:07 (コメント編集)

この沢、かつて下流はやったことがありましたが(山女魚)、まさかこんなに奥が深いとは思いませんでした。
まだま知らない渓はたくさんありますね。
楽しみは尽きません。

104:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/16 at 23:37:37

そうです、以前しげさんも話していた沢です。
悪場がまったく無いので奥へ奥へと引っ張られてしまいました。
この日はストーンフライに混じってメイフライも飛び始めました。
いよいよ本格的なフライフィッシング・シーズンの到来ですね。

105: by co-drop on 2013/04/18 at 10:02:59

はじめまして、co-dropと申します。
しげさんのブログから参りました。

先日初めてしげさんと同行させていただき、その際にGPSを見せてもらいました。
私も単独釣行に出かけることが多く、時々山中に入ります。たいした山の中ではありませんが、それでも、現在地や山道との位置関係が分からないことに不安を覚えることもしばしば。

今回風鈴さんのブログ記事を拝見し、さらにGPSの魅力に興味をそそられています(^ ^;

今後もブログ拝見させていただきます。

106:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/18 at 22:18:09

co-dropさん お初にございます。

自分もハンディGPSは高価なので購入を長いこと躊躇してました。
もしco-dropさんがスマホをお持ちなら山地図のアプリを入手すれば、登山用GPSレシーバーと
遜色なく使用できると言われてますので先ずはいかがでしょうか。ハイカーの人たちは多いです。
自分もガラケーユーザーなので当初はスマホGPSも考えたのですが、スマホはランニングコストが
高いのと、etrex30Jの3Dコンパス、そして何よりへヴィーデューティーな使用に耐えられることで
こっちになりました。
ただケータイとデジカメとGPSの3つを持つのは少々鬱陶しいので、いつかこれらをひとつに出来れば
と思っています。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

107: by co-drop on 2013/04/19 at 06:36:52

おはようございます。
アドバイスありがとうございます。良いことをお聞きしました!
先ずはスマホで試してみますm(__)m

108:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/20 at 12:58:14

備えあれば憂いなしですよね。
どんなに素晴らしい釣果に恵まれても命と引き換えにはできませんからね(笑)

109: by jetpapa on 2013/04/20 at 18:58:52

 これだから渓流は止められませんね。
 関西で良いなーと思いながら。釣行に一緒に連れて行ってもらった気分で読ませていただいています。

110:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/20 at 23:59:12

jetpapa さん こんばんは

私もjetpapaさんのblogはずっと前から拝見させて貰っています。

こんな取るに足らんblogですが、そういっていただけると本人も
モチが上がって、今後も書き続けていけそうな気がしてきました。
どうもありがとうございます。

ご無沙汰の渓

2013年 4/14 日曜日

吾妻川水系 G川


実は今回悩んだのが行先。前夜までに決まらなかった。ここならってとこが思いつかない。
朝起きて、それなら釣りはやめて近場の山歩きとも思ったものの、これまたいまいちピンとこない。
それで地図を開いて眺めてたらG川の上流部をやってないことを思い出した。
この川は10年近く前、一度下流部をやったけどそれっきり。確か上流部は先客があって入らなかった
ような記憶も。それほど魅力を感じない沢だったので、以来ご無沙汰になってたんです。

他に選択肢が考えつかないという消極的理由でG川とその他近くの2本の沢の地形図をプリントアウトして
出発したのが7時少し前(笑)関越道はスムーズに流れ現地着が9時少し過ぎ。懸念された先客も無く
ラッキーでした。


RIMG1490.jpg


G川は地形図に案外長い水線が引かれていて、その辺まで行けば破線の道と会うようだ。
でも初めはそこまで釣りできる水量があるとは思えなかった。だって橋から覗いた流れがコレですからね。
いいとこ3~4時間で戻ってくることになるんじゃないの、ってことで用意してきた昼飯の中から
おにぎりを1個だけ持ち、あとは車に残してスタートです。まだこの辺りはヤマメ域。
タッチ&ゴーって感じで小さなヤマメが毛ばりにちょっかいを出してきます。
RIMG1491.jpg



相手がヤマメなのでそれなりのポイントだけを拾って釣る。
RIMG1493.jpg


スプラッシュと共にやっと出てくれました。
RIMG1494.jpg



滝が現れた。その下のプールは残念ながら流れ出し付近で小さいアタリがあったのみ。
ウエットを沈めてみたりしたんですけどね。
RIMG1508.jpg



滝を越えてもそれほど変化無くやっぱりヤマメ。
餌が少ないのかイワナのようにスリム。
RIMG1513.jpg



少し進むと今度は1:2の二又。水量の多い右又が本流だから先ずはそちらへ。
RIMG1517.jpg



ここではフライを流すとそれを見て興奮したのか意味不明のライズを連発するヤマメが。
時々目にする光景ですね。
RIMG1520.jpg



二又分けて水量減ってすぐに終わりかなと思いきや、先は長そうです。
そして赤ペンキの杭とテープが目につき何の目印かと思ったらその先にいきなり堰堤が現れた。
きっとあの破線の道からこの堰堤に通じる道があるんでしょう。
RIMG1525.jpg



じつは堰堤の少し手前からここまで1時間近くアタリも魚影も無かった。
「もうここが最後」とか「次のポイントで反応が無かったら引き返す」なんてのを
心の中で何度も繰り返しながら未練がましく遡行を続けてたんです(笑)
ヤマメが消えたのだからいつイワナが出ても当然と思っていたし、渓相的にはすっかりイワナ域だったから。
RIMG1533.jpg



でもその後フライに反応がない。マイクロサイズの魚は時々走るけど。
ここもひととおり流し全く反応無し。ガーミンで確認すると破線の道と会うのは
まだ5~600mは先のようだ。これで撤収の決心がついた。あの堰堤まで戻れば
破線の道に出られるんじゃないか。ところがもう一度ポイントを見ると、黒い魚体が
ユラユラしてるのが見える。20㎝前後のイワナだ。
RIMG1541.jpg



タックルを仕舞う前でよかった。流すと直ぐに食ってきたけど食いが浅く白泡の下へ逃げた。
それでもしつこく沈めたり、誘いを掛けたりして20回ほど(感覚的に)流したら、高速ターンで
食ってきた。合せるまでもなく掛かったのがコレでした。それからこんなサイズですがパタパタ
釣れ始めた。それまでが嘘のよう。
RIMG1539.jpg



これは尾ヒレが擦り減ってるので産卵した雌でしょう。でも上側の欠けは人為的なものを感じます。
春は時々こんなふうに上側をカットされたようなイワナが釣れる。
RIMG1542.jpg



今期初めてネットを使うイワナが釣れた。
これもその前に浅掛かりで一度バレたヤツです。
RIMG1549.jpg


入れ食いは短時間で終わってしまったけど、その後もここぞってポイントでは
必ず出ました。
RIMG1559.jpg



もうすぐお終い。破線の道と合流です。
RIMG1564.jpg



ここも右又はまだなんとか釣りできる水況ですが今日はここまで。
車まで1時間ほどの歩きになるはず。
RIMG1567.jpg



破線の道は不明瞭な部分もあって、以前は不安を覚えることも多かったんですが、
今はGPSがあるから便利になったもんです。
RIMG1570.jpg


これが1:2の左又だったんですね。よせばいいのにちょこっと竿出し。
でもやっぱり無反応。
RIMG1575.jpg

G川、まさか1日遊べるとは。最後にイワナが連発してくれて辛抱の甲斐もありました。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
103: by しげ on 2013/04/16 at 07:53:07 (コメント編集)

この沢、かつて下流はやったことがありましたが(山女魚)、まさかこんなに奥が深いとは思いませんでした。
まだま知らない渓はたくさんありますね。
楽しみは尽きません。

104:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/16 at 23:37:37

そうです、以前しげさんも話していた沢です。
悪場がまったく無いので奥へ奥へと引っ張られてしまいました。
この日はストーンフライに混じってメイフライも飛び始めました。
いよいよ本格的なフライフィッシング・シーズンの到来ですね。

105: by co-drop on 2013/04/18 at 10:02:59

はじめまして、co-dropと申します。
しげさんのブログから参りました。

先日初めてしげさんと同行させていただき、その際にGPSを見せてもらいました。
私も単独釣行に出かけることが多く、時々山中に入ります。たいした山の中ではありませんが、それでも、現在地や山道との位置関係が分からないことに不安を覚えることもしばしば。

今回風鈴さんのブログ記事を拝見し、さらにGPSの魅力に興味をそそられています(^ ^;

今後もブログ拝見させていただきます。

106:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/18 at 22:18:09

co-dropさん お初にございます。

自分もハンディGPSは高価なので購入を長いこと躊躇してました。
もしco-dropさんがスマホをお持ちなら山地図のアプリを入手すれば、登山用GPSレシーバーと
遜色なく使用できると言われてますので先ずはいかがでしょうか。ハイカーの人たちは多いです。
自分もガラケーユーザーなので当初はスマホGPSも考えたのですが、スマホはランニングコストが
高いのと、etrex30Jの3Dコンパス、そして何よりへヴィーデューティーな使用に耐えられることで
こっちになりました。
ただケータイとデジカメとGPSの3つを持つのは少々鬱陶しいので、いつかこれらをひとつに出来れば
と思っています。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

107: by co-drop on 2013/04/19 at 06:36:52

おはようございます。
アドバイスありがとうございます。良いことをお聞きしました!
先ずはスマホで試してみますm(__)m

108:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/20 at 12:58:14

備えあれば憂いなしですよね。
どんなに素晴らしい釣果に恵まれても命と引き換えにはできませんからね(笑)

109: by jetpapa on 2013/04/20 at 18:58:52

 これだから渓流は止められませんね。
 関西で良いなーと思いながら。釣行に一緒に連れて行ってもらった気分で読ませていただいています。

110:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2013/04/20 at 23:59:12

jetpapa さん こんばんは

私もjetpapaさんのblogはずっと前から拝見させて貰っています。

こんな取るに足らんblogですが、そういっていただけると本人も
モチが上がって、今後も書き続けていけそうな気がしてきました。
どうもありがとうございます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。