トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

久々の多摩川水系

2013年 4/7 日曜日

多摩川水系 M沢 T谷


大荒れの予報だったし、前夜けっこう雨降ってたんですっかり諦めてたところ朝起きてみたら降ってない。
TVで天気予報を見てみると、それでもまだいくらか悪いようなこと言ってる。けど大丈夫じゃないの。

ってなわけで奥多摩へ行ってみることになりました。
冬の山歩きにはよく訪れる奥多摩も釣りとなると十数年ぶり。
今回のM沢もそんな山歩きの時に見かけた沢です。
じつは事前に漁協には確認してはあったんです。禁漁区とかの心配もあったので。
そしたら「あー、その沢は禁漁じゃないけど...魚も卵も入れてませんよ」との事。

本流は増水とニゴリが入っていた。でもやるのは普段水量の少なそうな支流の沢だから
かえって好都合でしょう。

RIMG1451.jpg



登山道を歩いてM沢に。これはM沢下流部の堰堤。ご覧のとおり水が無い。
じつはこの沢は冬にしか見たことが無いんだけど、その時は冬だから水が枯れてるものと思ってました。
この時期の、それも前夜あれだけ降ったのに水流が無いのですね。
RIMG1456.jpg



更に進んで水溜りが現れると
RIMG1459.jpg



そのすぐ上がこの流れです。
RIMG1463.jpg



M沢は小さいながら予想以上の美渓でした。苔むした岩、川底の状態も非常にいい。
RIMG1467.jpg



なのに魚影はおろかアタリひとつない。あの時見た魚は何処へ行ったの?
RIMG1468.jpg



我慢の釣りを続けていて少し流れが細くなったと思ったら、いきなり水が消えた。
ありゃ~、ボウズで終わっちまった。困ったな~、じつは逃げ場をまったく考えてなかった(笑)
RIMG1471.jpg



仕方なく早めの昼飯に。空腹だといいアイデアも浮かばない。
そして腹が満たされ元気になると上から何か聞こえるよ。
初めは風かと思ったけどどうやら水の音のよう。
それで登って行くと100mも歩かないうちにこの流れが復活。
RIMG1472.jpg


今度はこんな小滝も連続して、渓相が変わった印象もしたけどやはりノーヒット。
RIMG1474.jpg



しかし道が無いのにどうやって重機を運んで造ったんでしょう。
RIMG1475.jpg


ここからはポイントが小さくて釣り難いのだけど、左岸には廃道になった登山道が延びてるんで
頑張ってみました。そしてまた水が無くなり、正真正銘の完全ボウズ達成。
今度はいきなり水が消えるのではなく、徐々に細くなって消えたので本当のジ・エンドでしょう。
RIMG1477.jpg



登山道を下りながらいろいろ考えたけど、結局時間的にT谷をやるしかない。
じつはM沢はT谷の支流でした。この沢は沢屋さんのHPで見たくらいだったので
いきなり滝が多いのかと思ってたけど下流部はそうではなかった。
RIMG1486.jpg


ここも普段より水は多いはず。地味なポイントからこの日初めてのアタリ。
小さなイワナが釣れた。冬にM沢で見たのがヤマメだったから、ここも
ヤマメの沢と思っていたので意外だった。ってことはあのヤマメは幻だったのか(笑)
RIMG1485.jpg



ようやくアタリが出始めて釣りに熱中したため、T谷の写真はあまり撮らなかった。というより忘れた。
RIMG1487.jpg



結局この日の釣果は小さなイワナ2尾だけ。他にもふたつほどバラしましたが同じようなものでした。
でも魚も卵も入れてない沢のイワナなので、この沢で世代交代してる立派な野生種なんでしょう。
RIMG1488.jpg

どうも最近は釣りより遡行で体力を消耗してしまって本末転倒のような気もする。
特にこの日のように貧果だと疲労も倍増です。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。