トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

2013初釣行

2013年 3/31 日曜日

吾妻川水系 O川 H沢



腰痛で出遅れましたが、今年も自身の渓流釣りシーズン開幕です。
もう3月も終わりだし今回は小さな沢なんで十分dryでいけるでしょう。
市城のパン屋さんで年券購入するので少しゆっくりと出発。
日曜日だけど地味な沢なので先行者の心配はあまりいらないでしょう。
それに今回のエリアは昨年来、セシウムの問題でキープ出来ないことに
なってるので、釣り人が極端に少ないのです。
やっぱり今回も誰にも会いませんでした。

しかし生憎の天候です。そしてなにより落胆したのは水量の少なさ。
これじゃ誰も来ないわけだ。確か去年の終盤も渇水には随分と悩まされたっけ。
RIMG1391.jpg



30分ほど歩いて林道の終点から竿出し。
途中に取水堰があったはずだから少しは水量増えるかなと期待してたけど相変わらず。
部分的に瀬切れもある。まあとにかくやるしかない。
火照った体もロッドを繋ぎリーダーやらフライを結んでるうちにすっかり冷え、
そして水面に目をやるといくつもの波紋が。雨が降りはじめていたのにも気が付きませんでした。
水温6℃。ポイントを覗くとイワナが走るし、直ぐにアタリもあったのでまずは一安心。
RIMG1396.jpg



不用意に近ずくと、こんなポイントでもイワナが走ることもある。
RIMG1397.jpg



けど確実なのはやっぱりこんな滝下のポイント。
RIMG1398.jpg


そしてこれが今期第一号クン。
RIMG1399.jpg



続けて同じポイントで。コイツには寄生虫が付いていた。帰ってから調べるとウオジラミらしい。
フォーセップで剥がしてやろうかと思ったけど、確か寄生虫が宿主の命を奪うことはないと聞いた
記憶があったし、それにかえって傷になってダメージになりそうな気もしたのでそのままリリース
してやった。そういえば数年前、肛門からハリガネムシの出てるイワナを釣ったこともあったっけ。
フライは#18メイフライのパラシュートでスタートしたけど、誘いを入れると反応がいいので
#16E.H.カディスにチェンジ。

渇水してるのでこのようなポイントには全員集合してるのかな。結局ここでは同じような
サイズのイワナが4尾釣れた。
でもあまり一か所で粘ってると寒いので滝を巻いて先に進みましょう。
RIMG1405.jpg



実はこの先は未踏エリア。ポイントが無いのでどんどん歩く。
それでやっぱりこんなポイント。
RIMG1418.jpg



ここでは2尾釣れ、帰りに再度寄り道して更に3尾追加。
渇水ってこともあるけど、まだ越冬場所から魚が動いてないような気もする。
RIMG1417.jpg



だんだん水が減り、イワナは走るけど釣りにくくなってくる。
RIMG1421.jpg



この滝下には水溜りさえなかった。もうこの先にはポイントは無さそう。
そしてこの滝はいくらか高く巻かねばならかったので進退迷った。でもここまで来たんだ、
行ってみましょ。今後ここを訪れる機会があるかどうかも分からないし。
RIMG1423.jpg



正午少し前、ここで遡行終了。これで一応釣り場としてのこの沢を全部見たわけだ。
実は帰りが少し辛かった。ヘルニアの再発もあってここ一か月半以上、山歩きも運動も
何もしてなかったので、体力、脚力が衰えていた。フラフラの千鳥足で渓を下った。
何度も転んだり、バランスを崩し水の中に両手をついて、上半身びしょ濡れ。
だけどこんな日に限って着替えを持ってきてない。
RIMG1429.jpg



ほんとはこれで帰ってよかったものの、いっとき雨が上がったし、H沢は車から
降りてすぐ釣りできるので寄り道。でもここも渇水が酷い。
RIMG1433.jpg



この時期服が濡れるとやっぱり辛い。寒さを吹き飛ばしてくれるような釣果を期待してたけど
釣れるイワナはO川と同じようなもの。
RIMG1436.jpg



この滝下もいつもの1/3も水が無い。しかも反応するのは木っ端サイズのみ。
ここで寒さに耐えきれなくなりました。帰りましょう。
RIMG1437.jpg


ここのところ、blogの更新をすっかりサボってしまいました。
ヘルニアの再発もそれが祟ってのことだったのかも。
さて今後はどうなることやら。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。