トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
91: by しげ on 2012/12/15 at 11:08:52 (コメント編集)

風鈴さん、こんにちは。

僕よりちょっとだけ年上のメダリストですね^^
これまで、新旧ではあまり変わらないように思っていましたが、こうして見ると全然別物ですね!
個々のパーツの質感が、かつての方がはるかに趣きがあります。

僕も2台使っています。
一台は、リンク頂いているKOBAさんに、メダリスト特有のウィークポイント(衝撃でスプールのギアが壊れやすい)を改良していただいたもので、大切にしています。
また、僕は左巻きなので、クリックもいじりました。
バンブーロッドはもちろん、グラスやグラファイトにも合うデザイン、独特なアメリカンな雰囲気が素晴らしいと思っています。

92:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/12/15 at 23:23:26

しげさん こんばんは

このリール、手持ちのハーディやオービスと比べても不思議と見劣りしないです。
クリック音だけはちょっとって感じですが。でも普及品とはいえさすがはアメリカが
もっとも輝いていた時代の製品ですね。

モノが届くまではラチェットとかがヘタってて実用より動態保存かと思ってましたが、
なんのなんのじゅうぶん現役で使えます。
ただリールフットの形状が今のものとは微妙に違ってて、装着できるロッドは限られて
しまうようです。

93: by しろさぶろう on 2012/12/19 at 16:56:51

あらぁ~ 良いモノを入手されましたね!!
最近のモノですけれど私も2台愛用しています。
クリック音もなかなか気に入っていますょ~

コートランドが危ないとか、話題の絶えない米FF業界ですけど、
メダリストは大丈夫?なんじゃないかと思っていました(けれど)
........



94:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/12/19 at 23:35:39

コートランドもですか...
フライラインもなんだか怪しい中国製が出まわってるようですし
万が一、叩き売りがはじまるようなことがあると危険信号ですね。

ところでこのメダリスト、自分とほとんど同じ年のようです。てことは
自分も立派な?ヴィンテージってことですね(笑)

フルーガー・メダリストよ永遠に

以前から気になっていたUSメイドのメダリスト。
とにかく生産台数がハンパじゃないし、ハーディ・パーフェクトのような高級品じゃないんで、
ebayでは出品数も多く気軽に入札できます。


メダリストの発売開始は1925年からとか29年からともいわれてますが、
一般工業製品で90年近くも基本構造、デザインをそのままに生産を続けられる
製品なんてのは滅多にあるもんじゃないでしょう。
これはまさに偉大な“普通の”フライリールです。


RIMG1166.jpg


イギリス紳士の嗜みとして発祥したフライフィッシングがアメリカに渡っていっきに大衆化したと
言われてるけれど、その要因はニジマスという格好のターゲットの存在と共に、フルーガー社の
ように安価なタックルを大量生産した企業の功績も大きかったのでしょうね。
RIMG1187.jpg



このリール、落札後にいろいろ調べてみると製造時期は1959~63年らしい。
50年物のヴィンテージでした。
元来メダストの造りは武骨で粗野だ。ギヤの歯数が少ないから回転が滑らかでないし
クリック音もイマイチ。
ただこれには50年の歳月が醸し出す独特の雰囲気があって現行モデルとは違う質感がある。
RIMG1177.jpg



現行モデルAKとのおもな相違点はクロームメッキのリールフット、スカルプテッド・ピラーと
それがリベット留めになっていて、ラッチカバーとハンドルノブが象牙調に仕上げられてるところ。
ラッチカバーの表記は消えかかっていた部分もあったのですが、幸い刻印になっていたので
ボールペンでなぞって復元しました。
RIMG1171.jpg

RIMG1167.jpg

RIMG1164.jpg




ラッチカバーがメタルでラインガードがリングのものは1930~40年代製。ebayでもよく出品されてる
けど、さすがに外見ボロいのが多くて入札する勇気はありません(笑)
映画「リバー・ランズ・スルー・イット」ではノーマン役のクレイグ・シェファーがそのメダリストを
使用していた。これはバッチリ映ってるシーンがあるのではっきり分かる。
モデルは多分1494かな。

そのメダリストが製造終了したとの話もある。代理店のアナウンスじゃないんで真偽のほどは
定かではないけど。現在の発売元は大阪のC社のはずでしょう。なのにHP上でほとんどメダリストに
触れられていません。

50年の時を経て巡り巡って我が手元に辿り着いたメダリスト。
時代の流れはなにものにも容赦なく押し寄せてきます。このメダリストも製造国が米国から日本
そして中国へと移りました。もし仮に製造終了が本当だったとしてもこのリールの持つ魅力は
永遠に色褪せることはないでしょう。












スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
91: by しげ on 2012/12/15 at 11:08:52 (コメント編集)

風鈴さん、こんにちは。

僕よりちょっとだけ年上のメダリストですね^^
これまで、新旧ではあまり変わらないように思っていましたが、こうして見ると全然別物ですね!
個々のパーツの質感が、かつての方がはるかに趣きがあります。

僕も2台使っています。
一台は、リンク頂いているKOBAさんに、メダリスト特有のウィークポイント(衝撃でスプールのギアが壊れやすい)を改良していただいたもので、大切にしています。
また、僕は左巻きなので、クリックもいじりました。
バンブーロッドはもちろん、グラスやグラファイトにも合うデザイン、独特なアメリカンな雰囲気が素晴らしいと思っています。

92:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/12/15 at 23:23:26

しげさん こんばんは

このリール、手持ちのハーディやオービスと比べても不思議と見劣りしないです。
クリック音だけはちょっとって感じですが。でも普及品とはいえさすがはアメリカが
もっとも輝いていた時代の製品ですね。

モノが届くまではラチェットとかがヘタってて実用より動態保存かと思ってましたが、
なんのなんのじゅうぶん現役で使えます。
ただリールフットの形状が今のものとは微妙に違ってて、装着できるロッドは限られて
しまうようです。

93: by しろさぶろう on 2012/12/19 at 16:56:51

あらぁ~ 良いモノを入手されましたね!!
最近のモノですけれど私も2台愛用しています。
クリック音もなかなか気に入っていますょ~

コートランドが危ないとか、話題の絶えない米FF業界ですけど、
メダリストは大丈夫?なんじゃないかと思っていました(けれど)
........



94:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/12/19 at 23:35:39

コートランドもですか...
フライラインもなんだか怪しい中国製が出まわってるようですし
万が一、叩き売りがはじまるようなことがあると危険信号ですね。

ところでこのメダリスト、自分とほとんど同じ年のようです。てことは
自分も立派な?ヴィンテージってことですね(笑)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。