トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
87: by しろさぶろう on 2012/12/06 at 12:16:26

お疲れ様でした。
それにしても健脚ですね〜

名栗の岩魚に逢ってみたいです。
居るんですかねぇ?


88:名栗のイワナ by 風鈴 on 2012/12/06 at 21:19:52

生の情報ではありませんが名栗のイワナ、時々耳にします。

入間川漁協ではイワナの放流実績は無いらしいのできっと
枝沢の奥の奥、釣りの対象としては難しいのかもしれません。

それと山伏峠のすぐ向こうはイワナの生息する横瀬川。移殖放流も
十分あり得ます。

89: by しげ on 2012/12/07 at 08:40:07 (コメント編集)

おはようございます。
あの日は、鳩山町も霙混じりの雹が降りました。
奥武蔵の山頂付近は積もっていたのですね!
名栗周辺はあまり行ったことがありませんが、展望もよく楽しめそうですね。
でも、風鈴さんでもきつい山なら僕にはちょっとムリかもしれません(^_^;)

90:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/12/07 at 21:17:56

しげさん こんばんは

奥武蔵の山も侮れないものですね。
夏はとてもじゃないけど暑くてたまらないけど
この時期なら歩くに最適です。
人気のコースをすこし外しただけで静かな山歩きが堪能できますしね。
丹沢とかもそうですけどこの辺りでもマイナーな山歩きにハマってる人は結構いるようです。

群馬・新潟はすでに多くが雪山、山梨もトンネル事故で行き難いし、
しばらくは近場の山歩きでもと考えてます。

名栗湖周辺の山

2012年 12/2 日曜日

棒ノ嶺 有間山      晴れ



有間川の本流、入間川は現在は荒川の一支流ですが、元々は荒川とは別の流れで、下流部で
隅田川と名を変え東京湾(当時は江戸湾)に注ぐ独立水系だった。

その荒川も元来は熊谷から岩槻、越谷方面に流れて利根川と合流分流して東京湾に流れていた。

そして利根川も実は東京湾に流れていたのを鬼怒川とくっつけて銚子から太平洋に流した。

江戸時代以前は、多摩川・入間川・荒川・利根川・渡良瀬川とこれらが全て東京湾に
注いでいて、ひとたび大雨が降れば大氾濫を起こしていたので彼方此方の川を付け替え
現在の姿になったわけです。
各地に残る元荒川や古利根川は付け替えの名残ってわけです。

それ等はさておき、有間ダムからこれから歩く稜線を見上げると白いものが。えっ!!雪があるの?
前日に気圧の谷の通過で雹が降ったとは聞いてたけど、雪が積もるほど降ったとは知らなかった。
RIMG1053.jpg



棒ノ嶺への登山道は白谷沢に沿っていてちょっとした沢登り気分も味わえる。
名栗川水系にもイワナが生息してると聞いたことがあるので何時か探索してみたいもの。
RIMG1061.jpg



権次入峠からは青梅方面から登って来る人も合流して登山道は更に賑やかに。
ほどなくして棒ノ嶺山頂。展望抜群、この山の人気の高さに納得。
RIMG1070.jpg




東京都心から武尊山、谷川岳までよく見える。
ただこの先が長いのであまりゆっくりもしてられない。
RIMG1071.jpg



日向沢ノ峰に向け出発。この先の稜線は歩く人が極端に少ない。
それまでの賑わいが嘘のよう、結局ゴールまでに二人しかハイカーに会わなかった。
RIMG1075.jpg



雪でトレールを外すことも何度かあり、長尾ノ丸はピークを踏まず巻道を歩いたようだ。
また予想以上にアップダウンが激しく、特に最後の日向沢ノ峰の急登はかなり堪えた。
RIMG1084.jpg



すっかりへばって、どうエスケープするかばかり考えていたけれど
暖かいもの食べると元気が回復。コースタイムを調べると少しヘッデン点ければ
なんとかゴールできそうな感じ。
RIMG1087.jpg



有間峠までの下りではコースタイムを短縮できたけど、ここからまた稜線歩きで
幾つものピークを越えねばなりません。
RIMG1093.jpg



この辺一帯の山すべてが有間山でこのタタラノ頭1213.5mが最高地点。
RIMG1096.jpg



橋小屋ノ頭を過ぎると急な下りが連続して、これも疲れた足には辛い。
RIMG1101.jpg



だそうです。
RIMG1103.jpg




この蕨山にはかれこれ20年くらい前、MTBを担いで登ったことがある。
RIMG1106.jpg



山頂はこんなに狭かったっけ?この時間なのでもちろん誰もいません。
さてこの先は下り基調で登り返しも少ないはず、走れる所は走っていっきに下山しましょう。
RIMG1107.jpg

16時少し前に太陽は山影に隠れた。最後は足元も怪しいくらいに暗くなったけどなんとかヘッデン
点けることも無く無事さわらびの湯駐車場に。
今回はもともとスタート時間が遅かった。全行程20kmほどですが、アップダウンがきついので
この時期だと日没までに余裕で下山するには日の出にはスタートしないとね。








コースタイム /

さわらびの湯駐車場     7:23

有間ダム          7:35

白谷沢登山口        7:45

権次入峠          9:07

棒ノ嶺           9:19 休憩10分

槙ノ尾山          9:45

日向沢の峰         11:54 休憩28分

有間峠           12:57

タタラノ頭         13:38 休憩8分

橋小屋ノ頭         14:09

蕨山            14:45 休憩15分

藤棚山           15:17

大ヨケの頭         15:45

金毘羅神社跡        16:16

さわらびの湯駐車場     16:44

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
87: by しろさぶろう on 2012/12/06 at 12:16:26

お疲れ様でした。
それにしても健脚ですね〜

名栗の岩魚に逢ってみたいです。
居るんですかねぇ?


88:名栗のイワナ by 風鈴 on 2012/12/06 at 21:19:52

生の情報ではありませんが名栗のイワナ、時々耳にします。

入間川漁協ではイワナの放流実績は無いらしいのできっと
枝沢の奥の奥、釣りの対象としては難しいのかもしれません。

それと山伏峠のすぐ向こうはイワナの生息する横瀬川。移殖放流も
十分あり得ます。

89: by しげ on 2012/12/07 at 08:40:07 (コメント編集)

おはようございます。
あの日は、鳩山町も霙混じりの雹が降りました。
奥武蔵の山頂付近は積もっていたのですね!
名栗周辺はあまり行ったことがありませんが、展望もよく楽しめそうですね。
でも、風鈴さんでもきつい山なら僕にはちょっとムリかもしれません(^_^;)

90:Re: タイトルなし by 風鈴 on 2012/12/07 at 21:17:56

しげさん こんばんは

奥武蔵の山も侮れないものですね。
夏はとてもじゃないけど暑くてたまらないけど
この時期なら歩くに最適です。
人気のコースをすこし外しただけで静かな山歩きが堪能できますしね。
丹沢とかもそうですけどこの辺りでもマイナーな山歩きにハマってる人は結構いるようです。

群馬・新潟はすでに多くが雪山、山梨もトンネル事故で行き難いし、
しばらくは近場の山歩きでもと考えてます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。