トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

大弛峠は遠かった

2012年  11/11 日曜日 曇り&強風

国師ヶ岳  北奥千丈岳



天気予報は曇りで午後から雨。
だから今回はそれほど早出しなくても午前中に余裕で下山できる山がいい。
それなら車が走れる峠としては日本で一番標高の高い、大弛峠からの国師ヶ岳と北奥千丈岳。
それに大弛峠のある林道川上牧丘線は今月いっぱいで通行止めになるし。


稜線が雲の中に隠れてるのが下から運転しながらも見えてたので覚悟はしてたけど、大弛峠はガスと
強風の世界。ふつうなら回れ右して帰るとこだけど、ここは車を降りれば九合目まで登ったような
ものですから(笑)
自分の直ぐ後に着いた二人組も初めは迷ってたようだが登ってくるようだ。


RIMG0989.jpg




道路から10m歩くとテン場(笑)
すぐ後ろに車が見えます。
RIMG0990.jpg


そこから30mほどで大弛小屋。道路脇の山小屋ってわけです。
RIMG0991.jpg



登山道は小屋先からすぐに階段。
RIMG0994.jpg

RIMG0996.jpg




あまり見たことのないこの背の低い樹木はなんでしょう。たくさんあった。
RIMG0997.jpg



前国師ヶ岳、北奥千丈岳との分岐を過ぎ、呆気なく国師ヶ岳山頂。勿論、眺望まったく無し。
さっきの二人組とお互いに写真撮影。
RIMG1014.jpg



これまた呆気なく北奥千丈岳。奥秩父連山の最高峰をこんなに簡単に踏めるなんて。
RIMG1019.jpg



ここは分水嶺、日本列島の背骨だ。
いつもこのように山梨側から長野側に強風が吹きぬけるのでしょう。
枝もそのような生え方になっていて、幹にも風上側にエビのシッポが出来かかってるんですが、
なぜか接着力が弱いようで大きくなる前に落ちてしまう。
RIMG1024.jpg




とてもコーヒーを沸かすなんて状況じゃないんで、さっさと山小屋へ降りてみれば、
すでに売店終了だって。昼まではやってると思ったのに。この天気では仕方なしか。
なんとかバッジは買えたけど、温かいものは下界までお預け。
ところで大弛峠、川上側は未舗装なんですね。しかも通行止めとは知らなかった。
RIMG1045.jpg



雁坂トンネル開通当時、何度か笛吹川水系に通ったことがる。
峡東漁協は当時から日釣り券たしか7~800円とリーズナブル。
朱点の鮮やかなアマゴを初めて釣ったのもここ琴川でした。
このダムもあの時は工事たけなわでした。
RIMG1046.jpg
 

今回は眺望も無くただ頂を踏んだだけの山散歩。麓のR140から大弛峠までの20km以上の
林道がやたら長く遠く感じた、ただそれだけが印象に残った山行でした。



コースタイム /

大弛峠        9:40

前国師ヶ岳      10:13

国師ヶ岳       10:23 休憩10分

北奥千丈岳      10:38 休憩5分

夢の庭園       11:06

大弛小屋       11:20

大弛峠        11:24
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。