トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終釣行

2015年 9/20 日曜日

吾妻漁協管内  A沢?  M川


9月に入ってからは豪雨の影響などで出かけること叶いませんでしたが、
群馬の渓流もこの日をもって終了です。
今回は数ヶ月前にやったM川の支流、沢名は不明ながら砂防堰堤のプレートには
「アライター沢」とある。
アライターって最初は堰堤の工法か何かと思ったけどどうやら沢名のよう。
日本語とは思えない沢名だけど希にこういうのありますね。
施工の武藤組は池原工業とともに吾妻管内の河川工事ではよく見かける土木会社。

P9200024.jpg


まだ普段より水は多いようなれど
肝心の魚影の方がそれがまるっきり。
流れに変化が少なくポイントにも乏しい。
1時間以上やって初めて小さいのが走った(ような気がした)
P9200026.jpg


今度は小さな取水堰が現れた。さらに1時間ほど釣り上るも魚っ気なし。
これにはすっかりアテが外れた。
取水されてるなら水質に問題はないと思うけど。
P9200028.jpg


さてどうしたものかと考えながら歩くと林道脇にはイノシシの罠?
P9200029.jpg


幸いにも隣のM川には釣り人の姿はなかった。
もし先ほどの沢が禁漁間際で釣りきられての魚不在なら、こっちも激シブのはず。
ところがこちらは好調で速い流れにフライを入れてもすっ飛んで食いついてくる。
P9200030.jpg



イワナが元気ならこっちが頑張らねばならない。
食いが浅くてバレるとか、転んで服が濡れて寒いとかの言い訳は言ってられない。
P9200034.jpg


あの豪雨で沢の石もだいぶ動いたよう。
不安定な浮石が多くそれに乗ってバランスを崩すことも度々、
転んで手を着いた拍子に突き指をしてロッド振ることが
辛くなってきた。
さらに進めば型も良くなるだろうにちょっと残念でした。
P9200041.jpg

ここ数年、釣行数も減りあまりブログの更新が出来ない不本意な状態が続いていますが、
2015年の群馬の渓流も禁漁になってしまいました。
それでこれを機に当blog「気ままに釣り歩き・山歩き」の更新も今回で終了に
したいと思います。
思えば自分がフライフィッシングのタックルを買い揃えた90年代半ばのインターネットは
黎明期で、まだパソコン通信の方が主流でした。掲示板への書き込みくらいがせいぜい
だったのに、現在ではさまざまな情報を瞬時に入手でき、またHPやブログで自ら
情報を発信できる時代になり、短い期間でしたが自分もそれを堪能できました。

今回は最後の投稿とあってもう少し良い釣りが出来れば思っていましたが、
きっと来期もこんな釣りを細々と続けていくのだろうと思います。

                            完






スポンサーサイト

にっちもさっちも

2015年 8/9 日曜日

吾妻漁協管内  H沢 H沢

H沢はアプローチの方法がはっきりせず右往左往、それに加えて
楽してたどり着けないものかと余計なアルバイトをしたものだから
到着したのは10時頃になった。

本流との出合い付近は伏流していて、余りにも貧相だったので本当かよ?
と思いガーミンで確認すると間違いなくH沢、こんな流れでも日陰に入ると
小さいのがピンピン走るし、先行者の気配もないのでまずはひと安心。
これですっかり釣ったような気分になったのがよくなかったのかも。

P8090016.jpg



掛け損なったりバレたりしても初めは余裕だったんです。
P8090019.jpg


そのうちにアタリが遠くなってまさかボウズ?
結局最初で最後の一尾が釣れたのは正午過ぎ。2時間もかかった。
元気のいいヤツでカメラを用意している最中に跳ね回って自ら流れに
戻っていった。
P8090021.jpg


前方に小さく滝が見えた時は支流であってくれと願ったのですが、
これは「ターザンごっこ」で巻けるシロモノじゃない。
P8090023.jpg


もうひとつのH沢はイワナがいるとか、逆に赤い流れで魚影無しとか聞いてたけど、
確かに赤い流れだった。デジカメではそう映らないのですが実際はもっと真っ赤。
諦め半分で歩いてみると意外にも一尾走ったので、仕方なくロッドを繋いでみたけど
まったくの無反応、先ほどの沢で懲りてたので早々に撤収。
P8090028.jpg

職漁師が移殖したともいわれるH沢。しかしエスケープできない沢はある程度
結果が見えるまで我慢するほかないから往々にしてドツボにハマることがある。
ただ釣り上がってる時は気がつかなかったけど戻る時に多くの魚が溜まっている
ポイントがあった。こちらに気づいてどうするのかと思ったら一ヶ所の窪みに
列をなして逃げ込む様子が可笑しくて笑ってしまった。
もしかするとたまたまこの日が悪かっただけなのかもしれないけど、
再訪するにはあまりにも第一印象が悪すぎでした。








台風のあとに

2015年 7/20  月曜日

 吾妻漁協管内   M沢

M沢は普段は竿を持って入る気になれない小さな流れですが、
今回はさすがに台風の後だけにそこそこの水量でした。

P7200014.jpg


出だしは勾配があって大石の落差のある流れが続き、
上流域は穏やかな平坦な流れになる。
P7200022.jpg


ヒットするのはこのくらいのがメイン。
P7200026.jpg


流れが平坦になると今度はクマ笹の攻勢がはじまる。
P7200029.jpg


薮を突破しながらこんなポイントなら必ずアタリがある。
P7200031.jpg


地形図の水線が消えるあたりからイワナらしい素直な出方になる。
ネットを使うサイズのイワナもなんとか出ました。
P7200040.jpg


今度の藪は漕げども漕げども抜け出せません。
流れも弱く水たまりのようになってしまったのでここで遡行終了です。
P7200046.jpg

中ほどまで引き返したあたりで雷雨になった。下に降るほど傾斜が強いので
さらに増水すると厄介かなと思うほどの結構な降りで濁りも入った。
そういえばこの沢は下流に人家があるのに堰堤がほとんどない。
入渓点の道路のところにひとつあるだけ。
近頃は涸れ沢にもいくつもの砂防堰堤が連なってるのも珍しくない
ご時世なのに。





Bプラン

2015年 6/25 木曜日

利根漁協管内  S沢

久々の平日釣行、しかし現地に着くと先客有り。
日曜日ならともかく平日に後追いは御免、それでプラン変更。
S沢に転進となりましたが、ここは過去にも投稿してるので
簡単に画像中心でアップします。

P6250021.jpg



P6250017.jpg




P6250023.jpg



P6250026.jpg



P6250031.jpg



P6250038.jpg



P6250039.jpg

クルマに戻ってザックを下ろすと血で真っ赤。
十分注意してたけど脇腹と背中に吸い付かれました。



Cimarron R/H to L/H Conversion Pre-1998model

先ごろ入手したシマロンC‐1は右手巻き。これを左手巻きに変更する。
付属のリーフレットにはディスク⑨を裏返すとだけ書いてある。
それと分解図が載っていて、どうやらスピンドル⑫を外す必要があるようだ。

P5290022.jpg


②のプレートを外し、ワッシャー類を取り除くとドラグノブ⑦の奥に
スピンドルを固定しているナット⑤が見えた。
ところがこのナット、手持ちの9mmソケットレンチだと小さくて噛まない。
10mmだと外径が太くてドラグノブの穴に入らない。
ラジオペンチで摘んで回そうにもそれも無理。
さてどうしたものか。

P5290013.jpg





カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
時間の空いた時にふらふら~っと山や渓流にでかけます。

生息地:埼玉県鶴ヶ島市

出没エリア:釣りの時は群馬時々新潟、山歩きの場合はその時の気分次第

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。